SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のソンミンが、来る9月にソロアルバムをリリース予定だと、彼の所属事務所であるSМエンターテインメントが発表した。彼の立場についてはファンの間で賛否両論が巻き起こっており、彼らが背負うそのグループ名という冠の重さについて、つい考えてしまう。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のメンバー、ソンミンがカムバックする。

いまもSUPER JUNIORに籍は置いているソンミン

いまもSUPER JUNIORに籍は置いているソンミン。今後もこのままなのだろうか?(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

8月19日、彼の所属事務所であるSМエンターテインメント関係者は、韓国メディアのtopstarnews(トップスターニュース)との電話取材で「SUPER JUNIORのソンミンがが、9月にソロアルバムを発売する予定だ」と明かした。

これに先立ち、韓国メディアのOSEN(オセン)が「SUPER JUNIORのソンミンが、9月にソロアルバムをリリースする」と報じている。

ソンミンは、SМ STATION 2デジタルシングル『Day Dream』で初ソロ曲を発表。2019年11月には、初のソロミニアルバム『Orgel(オルゴール)』を発表し、本格的なソロ活動をスタートさせた。

グループ活動に不参加も、SUPER JUNIORに籍を置いているソンミン

2005年にSUPER JUNIORのメンバーとしてデビューを果たしたソンミンは、グループ活動を続ける中で、2014年にミュージカル女優のキム・サウンと突然の結婚を発表。

そして最近、トロット歌手サバイバルオーディション番組『明日はミストロット2』に、妻のキム・サウンが出演。幅広い年齢層が見ている番組のステージで熱い”キスパフォーマンス”を見せ、人々を驚かせた。

“アイドルは夢を売る仕事”というのは古い言葉だろうか。それでも、いつの時代もアイドルに恋することに変わりはない。

自分の”推し”に熱愛説が浮上すればがっかりもしたりショックを受けたり、ファンをやめることだってある。

もちろん、祝福するファンだって当然いる。*サセンのような、行き過ぎたファン(もはやファンではないのだが)はさておいて、アイドルが結婚することに理解を示すファンは多い。

*サセン:韓国語で〝사생”と書き、芸能人の私生活(사생활/サセンファル)まで追いかけるストーカーのような悪質ファンのこと。

いつも思うのは、ファンは恋愛や結婚を咎めているわけではなく、その公表の仕方や本人の姿勢を問題視しているだけなのだ。

恋愛や結婚をすることは自由であり、誰かが止める権利もない。それでも”夢を与えること”を生業としている以上は、それを極力見せないように、ルールを守ってほしいとお願いしているだけなのである。

(関連記事)「旦那が‥」SUPER JUNIORソンミンの妻、キム・サウンが再びファンを挑発?

結局、ファンに衝撃と失望を与えたことで大きな非難を受けた彼はその後、グループ活動には参加していない。

それでも、SUPER JUNIORには籍を置いているため、今も彼のニュースには必ず”SUPER JUNIORのメンバー”という肩書が付く。

彼のニュースが浮上するたび、一部のファンからは「グループ名を名乗らないでほしい」「早く脱退してください」「まだメンバーだったの?」など、辛辣なコメントが寄せられている。

一生付いてまわる”元EXO”という看板

そしてもう一つ、ショッキングなニュースが韓国芸能界に飛び込んで来た。

今後の裁判の行方が注視されている元EXOのクリス

強姦罪の疑いで逮捕された元EXOのクリス。今後の裁判の行方が注視されている。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

8月初旬。EXO(エクソ)の元メンバークリスが、中国・北京で強姦罪で中国公安当局に逮捕されたと一斉に報じられたのだ。

「まさか」との思いと「間違いであってほしい」というファンの願いも虚しく、検察捜査の結果、正式に拘束され現在は拘置所に収監されている。

2012年にデビューしたEXOは、韓国を拠点に活動するEXO-K6人と、中国を拠点に活動していたEXO-M6人が合わさり12人編成のグループだった。

SМエンターテインメントから飛び出した大型新人として、両国で爆発的人気を集め、中でもクリスはEXO-Mでリーダーを務めており、グループを牽引。カナダ国籍であるため英語も堪能で、マルチリンガルとしてファンも多かった。

しかし2014年、SMエンターテインメントを相手取り、専属契約の無効を求めソウル地裁に提訴。そのまま復帰することなくグループを脱退してしまう。

中国に戻ったクリスは、人気をそのままに映画出演やファッション界、ハリウッド進出など、華麗なる活動に邁進。順風満帆な芸能人生を歩んでいるかと思われた。

--そして7月、クリスの元交際相手だと主張するドゥ・メイジュが、オンラインメディア網易(ネットイース)新聞とのインタビューで「クリスが性的関係のために、多くの女性を誘惑した」と告白。

これをきっかけに、絵に描いたように転落してしまった。

彼に対する疑惑は、法的攻防に発展する可能性があり、一部の韓国マスコミは中国マスコミ記事を引用し「事実であれば、重刑は避けられない」と報道。

今後の裁判の行方が、世界中から注視されている状態だ。

やはり彼のニュースを報じるたび、「元EXOは付けないでほしい」という声が出る。

もちろん、現在も活動を続けているEXOメンバーには何ら罪のないことであり、彼らに影響を及ぼすことを考えればそういった意見が出るのは至極当然のこと。

しかしやはりソンミン同様、”EXO”というグループから芸能活動をスタートさせた以上、クリスの話題には”元”であれ必ずEXOの名は付いてまわる。これは、逃れようのない事実だからだ。

彼らが注目を浴びたのは、他ならぬそのネームバリューのためであり、そうでなければ残念ながらニュースになることも、話題に上がることもないのである。

グループ名は言わば冠だ。

運命に導かれ、チームとなったメンバーの未来も想像しなければならない。自身が何か問題を起こせば、関係のないメンバーが頭を下げることになり、いわれない事でバッシングを浴びることになるのだから。

だからこそ、その名を背負ってデビューすることに、アーティストは(大げさに言えば)一生をかけて、自覚を持たねばならないのだ。

今回の2つのニュースは、そのことを改めて感じさせるものであった。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



SUPER JUNIOR(スジュ)

2005年にデビューした韓国の男性アイドルグループSUPER JUNIOR(スーパージュニア / ハングル 슈퍼주니어)。SMエンターテインメント傘下のLabel SJに所属している。

12人のメンバーでデビューしたSUPER JUNIORは、シングル『U』から新メンバーキュヒョンが加わり13人組となった。

各メンバーが、歌手だけでなく、俳優、バラエティー、モデル、DJなど様々な分野で活躍している。

SUPER JUNIOR(スジュ) プロフィール&記事(189)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

SUPER JUNIOR(スジュ) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース