9月21日に、NCT 127(エヌシーティーイリチル)のTikTok(ティックトック)公式アカウントが投稿した動画には、SMエンターテインメントの会長である、イ・スマン氏が登場。新曲『Sticker』を会長自らが表現し、話題を呼んでいる。(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

SMエンターテインメントの設立者であり、総括プロデューサーとして活躍しているイ・スマン氏が、NCT 127(エヌシーティーイリチル)の新曲広報活動に参加し、話題を呼んでいる。

『STICKER』でカムバックを果たしたNCT 127

9月17日に3枚目のアルバム『STICKER』でカムバックを果たした、NCT 127。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

9月21日に、NCT 127のTikTok(ティックトック)公式アカウントが投稿した動画には、メンバーのドヨン、マーク、ヘチャン、イ・スマン氏が登場。

動画では、新曲『Sticker』のダンスを練習している3人の姿があり、それを見たイ・スマン氏が「あなたたち素晴らしい! でももう少しくっ付いた方がいいかな」とアドバイスを送る様子が。

アドバイスを受け、困惑する表情を見せるメンバーにイ・スマン氏は、「こんな感じで離れないように」と手を動かし、”Sticker(張り付くもの)”のイメージを表現。

しかし最終的に困惑したドヨンは「(イ・スマン)先生、すみません!」と片手でイ・スマン氏を吹き飛ばした。

飛ばされた彼は、ステッカーのように壁に貼り付けられ、アルバムのタイトル曲『Sticker』の意味である”張り付くもの”を表現し、視聴者の注目と笑いを誘った。

これを見た韓国ネットユーザーは「ドヨンよくやった」「会長(イ・スマン)はNCTに入りたいんだよ(笑)」「会長のステッカー、グッズ化してくれたら買う(笑)」「会長大丈夫!?」などの反応を示している。

NCT 127のアルバム『STICKER』は9月17日に配信され、HANTEOチャートや、HOTTRACKSなど各種アルバムチャートの週間1位を獲得。彼らの人気の高さを証明している。

@official_nct선생님… 죄송합니다!! When NCT 127 has Sticker practice, even Mr. Lee has to be careful 🥲 ##stickerflick ##NCT127 ##Sticker ##NCT127_Sticker

♬ Sticker – NCT 127

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース