少女時代(SNSD)の『Gee』をきっかけに、韓国では彼女たちのような美脚を自慢したい女性を中心にスキニーパンツが大流行した。スキニーパンツブームの立役者の1人、少女時代のユナは、今どきのトレンドをどう感じているのだろうか。

“美脚アイドル”として旋風を巻き起こした少女時代(SNSD)。

8人組ガールズグループ少女時代

少女時代メンバー。右から3番目のジェシカは2014年に脱退している(画像出典:少女時代 公式FaceBook)

K-POP音楽を好んで聴いていなかった日本人でも、美しい脚の長さを強調した少女時代のファッションには、感心していただろう。

ショートパンツにハイヒールの『Genie』コスチュームもすごかったが、スキニーパンツの流行を先導したと言われる『Gee』に熱狂する人も多かった。

以降、韓国では少女時代のような美脚を自慢したい女性を中心に、スキニーパンツが大流行。

あれから10年、まだ街中でスキニーパンツを着用する女性を見かけることはあるが、以前に比べてそのブームは大分去っているようだ。

少女時代『GEE』

“スキニーパンツ”のブームは去ってしまった‥?(画像出典:YouTube SMTOWNキャプチャー)

韓国の最新ファッショントレンドは、80~90年代に流行っていたクロップTシャツとワイドジーンズ。スキニーパンツはもはや、過去のファッションになりつつある。

スキニーパンツブームの立役者の1人、少女時代のユナは、今どきのトレンドをどう感じているのだろうか。

去る9月1日、tvNの人気番組『ユ・クイズ ON THE BLOCK』に出演した少女時代メンバー。同番組では、スキニーパンツと代弁される少女時代の全盛期を回想するシーンが流れた。

そしてメンバーのユリが「アイドルの後輩の何人かが私たちに向かって”お母さんがファンでした”と言うんです。それで”あれ? 私、世代的にどうなるの?”と思ったりします」と、アイドルとして”大御所扱い”されていることを嘆く。

すると、隣で聞いていたユナが「こんな事も聞きましたよ。”少女時代のスキニーパンツは、お母さんがこぞって履いている”って‥」と、切ない表情で語り、現場には大きな笑いが起きた。

『ユ・クイズ ON THE BLOCK』に出演した少女時代

現場を笑いに包んだユナの衝撃発言(画像出典:YouTube 유 퀴즈 온 더 튜브キャプチャー)

“隔世の感”を禁じ得ない一幕となったが、韓国メディアの韓国経済(www.hankyung.com)によると、”スキニーパンツ離れ”は、世界的なトレンドだそうだ。

同紙のインターネット版の記事によると、海外では「女性を不便にさせる」「自分の身体を愛そう」というフレーズを訴えながら、スキニーパンツを破いたり、燃やしたりする動画をSNSにアップする女性が急増しているという。

特にZ世代(1995年以降に生まれた世代)を中心に、このような過激な宣言をする者が続出している。Z世代の間では、体を締め付けるようなアイテムではなく、上述した80~90年代に流行っていた、ゆったりとしたハイウエストパンツやワイドジーンズが流行っているようだ。

韓国若者の間で流行しているワイドパンツ

韓国若者の間で流行しているワイドパンツ。写真はEXIDのLE(写真提供:©スポーツ韓国)

この動きに弾みをつけたのは、皮肉にも新型コロナウイルスの大流行だという。在宅勤務の一般化や、大人数で集うことへの制限などで、より気楽に着用できるファッションが注目を集めているのだ。


『ユ・クイズ ON THE BLOCK』に出演した少女時代メンバー(動画出典:YouTube 유 퀴즈 온 더 튜브)




最新韓流とK-POPニュース

最新ニュース

おすすめニュース