MONSTA X(モンスタエックス)のメンバー、ミニョクは11月3日にNAVERが運営するライブ動画配信サービス、V LIVEで自身の誕生日を記念するライブ放送を行った。放送では、新型コロナウイルスの防疫方針について所信を表明し、耳目を集めた。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

MONSTA X(モンスタエックス)のメンバー、ミニョクは11月3日、NAVERが運営するライブ動画配信サービスV LIVEのチャンネルを通して、誕生日を記念するライブ放送を実施。

オフライン公演ができないもどかしさを訴えたミニョク

オフライン公演ができないもどかしさを訴えたMONSTA Xのミニョク。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

この日、ミニョクは「僕は所信表明をします。新型コロナウイルスの防疫システムは、アイドルにとても冷たいと思います」と話し始めた。

「他の公演はやるのにアイドルの公演はダメだということは、合理的でないと思います。MONBEBE(モンベベ:MONSTA Xのファン名称)が楽しむことができて、一緒に何かできる機会が‥。でも今回、防疫が緩和するそうなので、もっと会えるようになると思います」と付け加えた。

彼は、ファンのコメントを読んで「アイドルの公演以外全部OKなのは、言葉になりません。公演や演劇、ミュージカルなどの別ジャンルは全て実施されています。アイドルだけはダメだそうです」と、不満を表す。

最後に「しかもアイドルの公演がキャンセルになった頃には、(防疫のため)離れて座ったりもしませんでした。これは事実で、悔しいです。MONBEBEに素敵な公演をお見せしたいです」と訴えた。

韓国政府は、ソーシャルディスタンスの4段階方針を実施する際、規定の公演施設以外の公演を禁止。これを受け、韓国音楽コンテンツ協会などの歌謡界団体は、「政府の政策は、大衆音楽に対する差別だ」と指摘。

政府は10月、段階的な日常回復のロードマップを公開した。大衆公演をはじめとするイベントは、ワクチン接種を完了した人のみで構成される場合、500人未満までの観覧が可能で、これに大衆音楽業界から批判が相次いだ。

批判が続くと、保健福祉部の中央事故収集本部は「規定の公演施設でない所で、500人以上が入場する公演を開催するかどうかの判断は、自治体や文化体育観光部に委ねる」と明らかに。

文化体育観光部は、「一定の防疫基準を満たした場合、5000人以下までは公演の開催を幅広く認める」という立場を発表。承認基準は、観客の基準がワクチン接種完了者や、PCR検査の陰性判定者でなければならず、同行者との間隔は1つ空け、マスクは常時着用、起立、歓声、掛け声、合唱の禁止などだ。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

MONSTA X

MONSTA X(愛称 モンエク、モネク / ハングル 몬스타엑스)はSTARSHIPエンターテインメントに所属している6人組ボーイズグループ。2015年5月14日、ミニアルバム「TRESPASS」、タイトル曲「無断侵入(ハングル 무단침입)」でデビューを果たした。

MONSTA Xのファンダム名は「MONBEBE」、日本の公式ファンクラブ名は「MONBEBE JAPAN」。

2019年、メンバー ウォノの過去の出来事が暴露され、「これ以上グループとメンバーたちに被害を及ぼしたくない」と自らチームを脱退。

現在は6人で活動している。

MONSTA X 最新記事はこちら(209)

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs