麻薬裁判を控えたiKON(アイコン)出身の歌手、B.Iのカムバックに冷ややかな反応が続くと、所属事務所が立場を伝えた。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

6月8日、iKON(アイコン)出身のB.I(本名:キム・ハンビン)の所属事務所IOKカンパニー(以下、IOK)は、公式ホームページを通して立場文を発表した。

「自身の力が世の中の役に立てば」と新譜発表の経緯を伝えたB.I

「自身の力が世の中の役に立てば」と新譜発表の経緯を伝えたiKON出身のB.I。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

(関連記事)iKON出身B.I ‘僕のような奴の何が良くて’ ‥フルアルバム発売を控え明かした心情

IOKは「当社のアーティストに対する起訴内容は、2019年から続いた容疑のある麻薬類購入に関する内容」「B.Iは2020年の容疑について、計9回に渡る高強度の調査と、薬物反応検査を終えており、最終判決を待っている状況だ」と説明。

続けて「B.Iは事件後、当社と継続的に今後の方向性について悩んできた。当社とアーティストは過去の過ちを認め、既に起こった出来事を戻すことはできないが、今後の人生でもう少し正しい社会人として、世の中に役に立つ方向について悩んだ」と伝えた。

IOKは「復帰や自粛の姿のための行為ではなく、アーティストが元々持っていた影響力が、少しでも社会に役立つ動きにつながることを期待した」と、寄付アルバムを発売した理由を明らかに。

そして「そのような気持ちで音楽的に準備してきたものをお見せしたいと、最近、新譜を発売した」「アーティストの良くないニュースの中で新譜を発売することになり、お詫び申し上げる」と頭を下げた。

最後にIOKは「現在、B.Iは容疑についての終結を待っている。当社は、過去を反省し、過ちを繰り返さないという真摯な謝罪の心と態度を持ったまま、成熟して正しい社会構成員として生きていけるよう、アーティストと共にする」と再発防止を約束した。

6月7日、法曹界によると、ソウル中央地検の強力犯罪刑事部は、5月28日にB.Iを麻薬類管理法違反の容疑で在宅起訴。そんな中でB.Iが、6月1日に1枚目のフルアルバム『WATERFALL』を発売し、議論を呼んでいる。

これに先立ち2019年の6月に、B.Iは公益通報者A氏の証言を通して、大麻吸引の事実が明らかになった。B.Iは2016年の4~5月にA氏から大麻と紙型の麻薬であるLSDを購入し、一部を投薬した容疑が持たれた。

このためB.Iは、iKONから脱退し、YGエンターテインメントと決別した。その後、昨年9月にIOKの社内取締役に選任され、芸能界に復帰した。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



iKON

iKON(アイコン / ハングル 아이콘)は、2015年にYGエンターテインメントからデビューした韓国の男性7人組ヒップホップアイドルグループ。

メンバーは、JAY(ジェイ)、SONG(ソン)、BOBBY(バビ)、DK(ディーケイ)、JU-NE(ジュネ)、CHAN(チャン)の6人で、元メンバーのB.I(ビーアイ)は2019年6月脱退した。

グループ名は、英語「icon」のCをKに変えたもので、K-POPを代表するアイコンになるという意味が込められている。

iKON プロフィール&記事(78)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

iKON 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース