BTS(防弾少年団)のメンバー、ジミンが新型コロナウイルスの感染と急性虫垂炎の診断を受けた。ジミンは、手術が必要だという医療陣の勧告に従い、1月31日の未明に手術を受けた。手術は無事に終了したが、しばらく入院治療を行う予定だという。(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTS(防弾少年団)のメンバー ジミンが、新型コロナウイルス(以下、コロナ19)の感染と急性虫垂炎の診断を受けた。

BTSのジミン

BTS ジミン(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

1月31日、BTSの所属事務所であるBIGHIT MUSICは、ファンコミュニティープラットフォームWeverse(ウィバース)を通して「ジミンは1月30日午後、軽い喉の痛みとともに突然腹痛を感じたため、近くの病院でPCRおよび精密検査を行いました」と明らかにした。

検査の結果、ジミンはコロナ19の陽性判定とともに急性虫垂炎の診断を受け、手術が必要だという医療陣の勧告に従い、1月31日未明に手術を受けたという。

所属事務所は「医療陣によると、手術は無事終了し、ジミンは現在安静にしながら回復中です。コロナ19の感染と急性虫垂炎の手術が重なり、しばらく入院治療を行う予定です」と伝えた。

続けて「現在、軽い喉の痛みはありますが、良くなってきています。ウイルスの感染力があると判断される期間、他のメンバーとの接触はありませんでした」と強調している。

最後に「当社は、アーティストの健康と安全を最優先に考慮し、ジミンが早く回復できるよう、最善を尽くしてサポートする予定です。また、防疫当局の要請及び指針にも誠実に協力します」と付け加えた。

これに先立ちBTSは、RMとジン、SUGA(シュガ)が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、治療に専念した。

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2414)





編集部おすすめ記事blank

こちらも投票お願いします!

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs