10月13日に、26歳(日本年齢)の誕生日を迎えたBTS(防弾少年団)メンバー、ジミン。そんな彼のグローバルファンが誕生日を記念して、リレー方式で野生動物や絶滅危機に瀕した動物保護に乗り出し、温かい感動を伝えている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTS(防弾少年団)のメンバー、ジミンのファンは、ジミンに似た善良な心の持ち主だった。

善良なジミンファンが、彼の意志を見習って動物保護に乗り出した

善良なジミンファンが、彼の意志に共感し絶滅動物保護に乗り出した。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ジミンのファンは、国際非政府組織として、自然の保存と回復のために努力する民間団体の“世界自然保護基金(WWF:World Wide Fund for Nature)”を通して、絶滅危惧種に分類され保護されている、カリブ海に生息するザトウクジラとアオウミガメの養子縁組を行い、サポートに乗り出した。また、非営利の環境組織である”海洋自然保護団体(Ocean Conservancy)”には、寄付をしている。

他にも、灰色のオットセイと養子縁組し、気候変動により今世紀に絶滅の危機に直面するホッキョクグマを、パク・ジミン(ジミンの本名)の名で養子縁組するというサポートを実施。

“JIMIN’s DIARY”アカウントとファンは「WWF Malaysiaにパク・ジミンの名で、違法な動物取引根絶のために寄付した」と報告し、密漁で苦痛を受けている野生動物のために善行したことを知らせ、深い感動を与えた。

ジミンのカナダファンダムである“ジミン ユナイテッド(JIMIN UNITED)”は、カナダのトロントに位置する”トロント動物園の動物養子プログラム“を通して、「1850年代にほぼ絶滅し、カナダの連邦政府から保護を受けているシンリンバイソン(WOOD BISON)と、世界で最も大きな肉食動物であり、今世紀絶滅の危機に直面するホッキョクグマ、南米で最も大きな猫であり、絶滅危惧種のジャガーを養子縁組する」と明らかにした。

特定地域を離れた南米でも、養子縁組が活発だ。

新型コロナウイルスの影響で、経営が困難になったチリの『ブイン動物園』にいるジャガーの“ペーチェ”、レッサーパンダの“イチハ”、ミーアキャットの“ティモン”のサポートに乗り出したファンは「動物を愛するジミンが、どれほど喜ぶかを考えながら後援した」とコメント。

さらに東南アジアでも、野生動物の養子縁組リレーが続いた。

“森の中の人”と呼ばれ、伐採や密猟、山火事などにより急激な個体数が減少し、絶滅危惧種として保護されている“ゼラファト”という名のオランウータンを、“ボルネオ・オランウータン・サバイバル財団”を通して養子縁組し、1年間サポート。

無分別な捕獲で世界的に絶滅危機に瀕したセイウチと、“海のパンダ”という別名を持った、個体数が20頭未満と推定される、絶滅危惧種のコガシラスネズミイルカ(Phocoena sinus、英名:vaquita porpoise)を養子縁組、WWF Malaysia Donationを通してホッキョクグマを、Zoo Negara Adoptionを通してチーターを養子縁組し、世界各国で様々な種類の動物の養子縁組が行われた。

普段から、深い動物愛を持ち、“カンニャンイ(犬+猫)”と呼ばれているジミンが26歳(日本年齢)の誕生日を迎え、ジミンに似た心の持ち主であるファンが彼に贈った様々な野生動物保護という意義ある誕生日プレゼントは、見習うべき精神の大きなお手本となり、善良な影響力を伝えている。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1807)




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース