Mnet女性ダンサーサバイバル番組『STREET WOMAN FIGHTER』で、ダンサーたちがし烈なバトルを繰り広げる中、YGXクルーが脱落したことで、審査員のBoAに悪質な書き込みが殺到している。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

Mnet女性ダンサーサバイバル番組『STREET WOMAN FIGHTERr』で、YGXチームが脱落し、審査員のBoAに悪質な書き込みが殺到した。

1チームに肩入れ?ひいきしたと非難されているBoA

1チームに肩入れ?ひいきしたとYGX熱狂的ファンから謂れのない非難をされているBoA。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

10月22日、BoAのインスタグラムによると、一部のネットユーザーがYGXの脱落について、審査員であるBoAへの疑問を呈している状況だという。

10月19日に放送された『STREET WOMAN FIGHTER』セミファイナルで、4位になったYGXは5位のLACHICAとの最終バトルで敗北し、脱落。1ラウンドと3ラウンドでは勝利したのだが、残りのラウンドで脱落の苦杯を飲んだ。

この結果に、納得のいかない一部のネットユーザーが、BoAのインスタグラムを訪れ嘔吐や怒りの絵文字、悪口などのスタンプを送った。あるネットユーザーは、「何故あなたが審査員席に座っているのかわからない」とも指摘する。

他に「YGXの脱落はないよー。誰が見たって最後のヨジン(YGXの一員)が1番上手かったし」「審査員にがっかり」「LACHICAをひいきしてる」「審査員が不公平だなんてありえない」「ちゃんと審査してくれたらいいのに」「LUCHICAが好きなのが見え見え」「なぜ審査委員なの?」「どう見てもYGXが勝ったと思うのに、あまりにも不公平な結果」と否定的な反応を見せた。

今回のファイナルにはLACHICAをはじめ、セミファイナルで1位になったHook、2位のHolyBang、3位のCocaNButterが進出。『STREET WOMAN FIGHTER』は、10月26日に生放送で行われるファイナルで、間もなく放送終了を迎える。

YGX脱落が非難を呼び起こす?

BoAへの批判は、韓国ネットユーザーによるものもあるが、英語やスペイン語のコメントが目立つ。

裏を返せば、海外でも多くの人々がリアルタイムで『STREET WOMAN FIGHTER』を楽しんでいるということ。

そして同番組の当落結果に、何故こんなにも過剰反応を示しているのか、追求してみる必要がありそうだ。

まず、海外ファンが熱狂的に応援しているYGXについて知っておこう。

YGXはその名の通り、YGエンターテインメント(以下、YG)傘下のレーベルである。

2018年に設立されたこのレーベルは、ダンスエージェンシーとして、YG所属のアーティストをバッグアップしており、国内外でその知名度を高めてきた。

YG所属のアーティストと、数々のステージに立っているうちに、自ずとファンが増えていったことは想像に難くない。

またYGX所属のダンサーは、その優れた実力と、最先端のトレンドを取り入れたファッションやメイクを駆使して、世界を股にかけた有名インフルエンサーとしても、その名を馳せている。

海外ファンは、YGXに“K-POP人気を裏で支えている最高峰のダンサー”として、番組優勝という形でお墨付きをもらってほしいのだ。

BoAとYGXのライバルの親交

YGXメンバーのイェリと、LACHICAリアンの直接対決ではリアンに軍配が上がり、YGXファンの不満は最高潮に達した。

そして前出のネットユーザーのように「BoAがLACHICAをひいきしている」と、BoAとLACHICAの親交が審査結果に影響を及ぼしたと提唱する声も聞こえている。

複数の韓国メディアによると、LACHICAは番組放送前から、SMエンターテインメントと協業していたようで、BoAの楽曲『Better(2020)』のバッグダンサーとして、LACHICAが起用されていたことが判明。YGXはこの点を”ひいき”の根拠として挙げているのだ。

YGXファンのこの主張に対して、BoA側は特に対応していない。

一連の”ひいき議論”を受け、韓国の音楽ファンは「こじ付けも、ケースによっては犯罪になるよ」「(番組に)没頭するのもほどほどに」「悪質ユーザーは国籍を問わないね。韓国だけの問題かと思ってたけど」「BoAの真摯な態度に感心していたのに、そう見てる人もいるんだね」と、度を越えた非難に呆れた様子を見せている。

K-POP界のパイオニアとして、もはや”重鎮”と呼ばれるようになったBoA。彼女が自身の華麗なるキャリアをかけて、私情を挟むような愚かな人ではないだろう。それにしては、K-POP界における彼女の持つ象徴性が大きすぎる。

しかし、当落結果によって横行するある種の”陰謀論”は、世界のファンを熱狂させている韓国オーディション番組の弱点であるかもしれない。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース