ASTRO(アストロ)が、『After Midnight』で、より深まった“爽やかなファンタジー”を披露する。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ASTRO(アストロ)が、『After Midnight』で、より深まった“爽やかなファンタジー”を披露した。

清涼感溢れるステージを披露したASTRO

カムバックステージで清涼感溢れる姿を披露したASTRO。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

8月2日午後、オンラインで行われたASTROの8枚目のミニアルバム『SWITCH ON』の発売記念ショーケースに参加したメンバーは、タイトル曲のキーリングパートとポイントダンスの“スイッチダンス”を公開し、期待感を高めた。

この日発表されたASTROのアルバム『SWITCH ON』は、メンバー全員が作詞・作曲に参加し、意義深さを加えた。また、デビュー時から爽やかコンセプトを続けてきたメンバーは、今回のアルバムを通して、さらに深まった“爽やかなファンタジー”を披露する予定だ。

ジンジンは「デビュー時から“爽やか”をメインキーワードにして活動をしながら、多くのことを試みました。振り返ってみた時、その過程自体がASTROのカラーになったと思います。今回のアルバムは、ファンタジー要素を加えて、“爽やかなファンタジー”と名前を付けました」と、自ら説明。

収録曲は、タイトル曲『After midnight』をはじめ、『Footprint』、『Waterfall』、『Sunset Sky』、『MY ZONE』、『Don’t Worry』の計6曲だ。

タイトル曲『After midnight』は、ディスコベースのファンキーな楽曲。MJ(エムジェイ)は「『After midnight』は、ピアノとベースが目立つアップテンポのポップジャンルです。ASTROならではの、爽やかなエナジーが満喫できると思います」と付け加えた。

今回のアルバム活動の目標について、メンバーの自信に満ちた発言が続く。

チャ・ウヌは「“夏といえばASTROが思い浮かぶようにする”という気持ちで準備し、活動します」と答えた。ユン・サナは「アルバムを準備しながら、僕たちの姿を早く見せたかったし、達成したい目標も多かったです」と話す。続けて「今まで爽やかコンセプトをたくさんやって来ましたが、今回のアルバムで爽やかさの終わりをお見せしようと準備しました。僕たちの感情と、雰囲気を感じてくれたらうれしいです」と話した。

ムンビンも「久しぶりに爽やかさで戻ってきましたが、ASTROと言えばなぜ爽やかさなのかをお見せしたいです」と、“爽やか”を強調。ラキは「とても暑いと思いますが、『After Midnight』で涼しそうな姿をお見せます」と言及。ジンジンは「今回のアルバムを一生懸命準備したので、たくさんの愛と関心をお願いします」と呼び掛けた。

最後にMJは「今回の活動を通して、“夏といえばASTROだ”ということを皆さんに刻み込みたいです」と、自信を見せた。

ASTROは、チョン・ソミ(SOMI)やGolden Child(ゴールデンチャイルド)と同じ日にカムバックする。8月12日には、THE BOYZ(ザ・ボーイズ)とONF(オンエンオフ)がカムバックを知らせた。“8月のカムバック大戦”に合流することになったMJは、「メンバーそれぞれの個性が違うことが強みです。一カ所に集まった時のシナジー効果がすごいと思います」と、ASTROならではの強みを挙げた。

ASTROの8枚目のミニアルバム『SWITCH ON』は、8月2日の午後6時に、各種音源サイトを通して発売された。

(関連動画)ASTRO、チャ・ウヌが作詞に参加したタイトル曲 ‘After Midnight’ MV公開




ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース