• K-POP界における女性アイドルの世代交代が完成すると見られる。
  • 『MTV PUSH』が選定する6月のアーティストとしてLE SSERAFIMが選ばれた。
  • 昨年までは第3世代アイドルのパワーがやや優位だったが、今年は大分弱まっている様子。
アメリカ『MTV PUSH』6月のアーティストに選定されたLE SSERAFIM

アメリカ『MTV PUSH』6月のアーティストに選定されたLE SSERAFIM(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

今年、K-POP界における女性アイドルの世代交代が完成すると見られる。

6月3日、アメリカの音楽専門チャンネルMTVは、『MTV PUSH』が選定する6月のアーティストとしてLE SSERAFIMが選ばれたと発表した。

『MTV PUSH』は毎月、1人(1組)のアーティストを選定。パフォーマンス映像、インタービュー、デジタルコンテンツを通じて、世界の音楽ファンに発信するグローバルキャンペーンである。

この日MTVは、公式ホームページやSNSチャンネルでLE SSERAFIMの3枚目のミニアルバム『EASY』のパフォーマンス映像を公開し、キャンペーンを開始した。

今回の選定は、K-POPガールズグループ初の快挙である。また、第4世代女性アイドル(2020年以降デビュー)が、K-POP界の主役になった事を宣言されたかのような出来事でもある。

昨年までは第3世代アイドル(2012年以降デビュー)のパワーがやや優位だったものの、1期目の契約終了と事務所移籍、目立つソロ及びユニット活動にグループとしてのパワーは大分弱まっている様子。

また、緩くなった事務所のメンバー管理により、アーティスト活動よりはプライベートがスポートライトを当てられる事も急増。中には“アイドル”よりは“セレブ”に近いステータスとなった女性アイドルもいる。これを機に、第4世代女性アイドルが勢いを増し、世代交代を完成させたのである。

第4世代女性アイドルの成果は、韓国国内の音源チャートでも如実に現れる。最新のMelonデイリーチャートでは、aespa、NewJeans、ILLIT、IVEがトップ10の大半を占めている。

第3世代女性アイドルとしてチャートインしているのは、(G)I-DLEのみ。海外のチャートに目を向けても、第3世代アイドルを圧倒している。

6月4日現在、韓国主要音源チャートの1位を独占しているaespa

6月4日現在、韓国主要音源チャートの1位を独占しているaespa(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

一方、男性アイドルの事情はどうだろうか。女性アイドルと同様に契約終了や更新、移籍に加え、入隊というイシューもあるが、まだグループとしてのパワーは女性アイドルほど衰えを見せていない。むしろ、第4世代男性アイドルに比べ優位をキープしている印象だ。

男性アイドルに比べファンダム基盤が弱い女性アイドルにとって、気まぐれな大衆からの人気獲得は不可欠とされる。そのため、今後も女性アイドルの世代交代のサイクルはより一層早まると予想される。

編集長コラム

Danmee編集長のコラムです。韓国芸能界の出来事やネットの話題を分かりやすく解説しております。日本のマスコミが滅多に取り上げない様々な韓国情報を読者の方々と共有していきたいと思います。

記事一覧を見る(1371件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs