SHINee(シャイニー)のテミン、EXO(エクソ)のベクヒョンとカイ、NCT127のテヨンとマーク、威神V(ウェイションブイ / WayV)ルーカスとテンなど、人気グループから選出された7人のメンバーで構成されたSuperM。10月4日にニューアルバムが公開されることで、グローバルなファンたちの期待が高まっている。

K-POPプロジェクトグループSuperM(スーパーエム)が、ニューアルバムのタイトル曲「Jopping」で、新しいSMP(SM Music Performance / エスエム ミュージック パフォーマンス)をリリースする。

EXO NCT superm

EXOベクヒョン(左)・NCTマーク(右)(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:SM Entertainment)

SuperMの1stミニアルバム「SuperM」は、10月4日にiTunes(アイチューンズ)、Apple Music(アップルミュージック)、Spotify(スポティファイ)など、グローバルな音楽プラットホームはもちろん、メロン、フロー、ジニーなど韓国内での各種音楽サイトを通じて音源を公開。

多彩な音楽カラーの計5曲が収録されており、K-POPファンからの高い関心が予想される。

NCT WayV EXO

NCTテヨン(左)・WayVルーカス(中)・EXOカイ(右)(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:SM Entertainment)

特にタイトル曲「Jopping」は「Jumping(走る)」と「Popping(ポンと鳴る音、または飛び出るという意味)」を組み合わせて作られた「パーティーをしよう」という意味の新造語で、「僕たちだけのステージを熱く燃やして楽しもう」というメッセージが込められている。

楽曲序盤の雄壮なブラスサウンドと、エネルギー溢れるボーカルが引き立つエレクトリック ポップ ジャンルの曲となっており、強烈なサウンドと洗練されたダンスを通じてSuperMだけが表現出来るパフォーマンスで耳目を集めるものと見られる。

WayV SHINee SuperM

WayVテン(上)・SHINeeテミン(下)(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:SM Entertainment)

SuperMは、10月5日アメリカ ハリウッドのキャピトル・レコード・タワーで野外ショーケース「SuperM:Live From Capitol Records in Hollywood」を開催し、新曲のステージを初公開する予定だ。

今回のアルバムは、アメリカ キャピトル ミュージック グループ(Capitol Music Group)の要請で、SMエンターテインメントのイ・スマン総括プロデューサーが直接プロデューシングを引き受けて完成度を高める。

また、SHINee、EXO、NCT、WayVの人気グループから選出された7人のメンバーたちによるシナジー(相乗)効果で、新しい音楽に会うことができるとグローバルのファンたちから期待が寄せられている。