韓国で知らない人はいない程の人気歌手であり、甘い歌声でファンの胸をときめかせているバラード歌手ソン・シギョンが、コンサートでBTSの「Boy With Luv」を披露して話題になっている。普段なかなか見られないソン・シギョンのラップとダンスに、BTSのファンたちも大絶賛している。

韓国で“バラード界の皇帝”と言われているソン・シギョン(ハングル 성시경)が、12月21日に開催したコンサートでBTS(防弾少年団)の「Boy With Luv(작은 것들을 위한 시)」をカバーし、最高なボーカルスキルとラップラインに加え、完璧なダンスを披露しBTSの7人のパートを全て一人で歌い上げた。

アンコールコンサートを成功裏に終えたソンシギョン

アンコールコンサートを成功裏に終えたソン・シギョン(写真提供:©スポーツ韓国)

韓国の芸能媒体インサイトによると、ソン・シギョンは12月20日と21日の2日間、ソウル・蚕室(チャムシル)の室内体育館で「2019 ソン・シギョン「歌」アンコールコンサート」を盛況裏に終えた。

この日の公演で、360度見渡せるステージを積極的に活用しながら魅力溢れるコンサートを繰り広げたソン・シギョン。

その中でも、今回の公演で観客たちが大いに盛り上がったステージは、BTSのカバーステージを披露した時で、普通なかなか見る事が出来ないソン・シギョンのラップとダンスに多くのファンたちが魅了されたと伝えられた。

ソン・シギョンの「Boy With Luv」を見た一部のネットユーザーたちからは「シギョンさん、まるでアイドルのようです!」「完璧なダンス!どの位練習されたのでしょうか。素敵なステージをありがとうございます!」「バラードだけでなく、ラップもこなせるなんて。やっぱり天才!」「さすがの歌唱力。自身の歌のように自然に歌われていますね。品が溢れています!」など多くの反応が寄せられ、ソン・シギョンのファンだけでなく、BTSのファンたちの間でも大変な盛り上がりを見せた。

ソン・シギョンは今年2月、ソウル・延世(ヨンセ)大学での公演を皮切りに、光州(クァンジュ)、大邱(テグ)、釜山(プサン)などで韓国内でのツアーを進めたのち、7月からは大阪・IMPホールを始めとし、東京、名古屋、広島、福岡、札幌でも「ソン・シギョン ライブツアー 2019“歌”IN JAPAN」を開催し、“名品公演”としてファンたちの記憶に残る温かなコンサートをプレゼントしてきた。

このように、韓国国内から海外などでツアーを通じて観客たちと疎通しているソン・シギョンは、12月9日にIU(アイユー)と共にデジタル シングル「初めての冬だから(原題 첫 겨울이니까)」をリリースし、各種音源チャートで1位を席巻するなど素晴らしい成果を成し遂げて、老若男女問わず沢山のファンたちから絶大な支持を得ている。


ソン・シギョンによる「Boy With Luv」(動画出典:sodizzing s)
ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。