K-POPガールズグループf(x)(エフエックス)出身で女優のソルリがこの世を去ってから、韓国の芸能媒体がソルリが亡くなる前日に生鮮食品を注文していたようだと報じた。これによりネットでは「うつで苦しんでいたならば、翌日の食品は用意しないのではないだろうか..」「食欲があったのならソルリのうつ症状は激しくなかったのではないか」という意見が出ているという。

歌手で女優のソルリ(ハングル 설리)が、亡くなる前日に配送業者を通じて生鮮食品を注文したという状況が捉えられた。

若くしてこの世を去ってしまったソルリ

若くしてこの世を去ってしまったソルリ(写真提供:©スポーツ韓国)

韓国の芸能媒体ニューデイリーの報道によると、ソルリが亡くなった当日である今月14日の午後、ソルリの自宅玄関の前に生鮮食品のブランドマークがついたボックスが発見されたとし、ソルリが亡くなる前日に生鮮食品を注文したと見られると報じた。

該当の業者は、野菜や肉などの生鮮食品を新鮮な状態で冷蔵配送する業者で、前日の深夜12時までに注文すれば、次の日の午前7時までに配達してくれる業者だそうだ。

これにより、ソルリは亡くなる前日に翌日自身が食べる食品をあらかじめ注文した可能性が高いと推定された。

またソルリは、亡くなる前日の13日に自身のインスタグラムを更新し、公開された掲示物の中で悩んでいる様子などはうかがえなかった。

ニューデイリーによると、ソルリが亡くなる前日までSNSをしていたという点と、生鮮食品を注文したであろうという点、また同日にはソルリが水原(スウォン)広橋(クァンギョ)付近でブランドの広告撮影を行い、オンライン コミュニティーの掲示板に撮影を終えてスタッフたちと明るい表情で笑っていた姿が捉えられた点なども付け加えて、死亡の原因に疑問を提起しているという。

この報道を見た一部のネットユーザーの間でも、

「うつ病は食欲が落ちると聞いたけど生鮮食品を注文?」
「それならば、食欲があったということですよね?」
「死亡の前日も普段と変わらない様子に疑問」
「本当にうつ病が原因だったのか?」
「まさか他殺ではないでしょう」

など様々な反応を寄せて、ソルリの死に疑問を抱く様子が見られた。

しかし、うつ病に関する専門家たちによると、深刻なうつ病だと急激な気持ちの変化と共に衝動的な行動や、意欲の低下、喪失の体験などの症状があり、以前うつ病を患っていたある俳優の場合、亡くなる前まで映画のイベントと演劇の舞台を準備していたと知られている。

ソルリもやはり、言葉では表現できないほどの心の苦痛と葛藤を経て、結局自ら命を絶ったと推測される。

ソルリは14日午後3時20分頃、京畿道(キョンギド)城南市(ソンナムシ)寿井区(スジョング)の自宅で亡くなったまま発見された。

警察は、国立科学捜査研究院の解剖検査結果をもとに「外的な損傷など他殺による所見が見られないため、普段から患っていたうつ病により自らが極端な選択をした」と判断した。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。