BTS(防弾少年団)が、2年ぶりのオフラインコンサートの2日間を終え、ARMY(アーミー:BTSファン名称)と楽しんだ幸せな時間を噛みしめた。特に、2日目には『American Music Awards』授賞式ではかなわなかったメーガン・ザ・スタリオンとの合同ステージもあり、観客は歓喜に沸いた。

BTS(防弾少年団)が、約2年ぶりにオフラインコンサート(対面コンサート)でファンと再会した。

10万6千人余のARMYと再会し幸せな時間を過ごしたBTS

BTSは10万6千人余のARMYと再会し幸せな時間を過ごした。(写真提供:©スポーツ韓国)

BTSは11月27日と28日(以下、現地時間)、米国ロサンゼルスSofi Stadium(ソーファイ・スタジアム)で『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE – LA』ツアーコンサートを実施。2日間の公演には、10万6千人余の観客が集まり、BTSと共に時間を過ごした。

今回のコンサートは、2019年にソウルで行なった『2019 BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF : SPEAK YOURSELF'[THE FINAL]』以来、約2年ぶりとなるオフラインコンサートで、公演前から世界の注目を集めていた。

コンサートは、華やかなセットと強烈なパフォーマンスの『ON』で始まった。その後、『FIRE』『DOPE』『DNA』『Black Swan』『Blood Sweat & Tears』『Life Goes On』『Dynamite』『IDOL』『Butter』『Permission to Dance』など、計24曲を熱唱。

10月24日に実施された、オンラインコンサートでは見ることができなかった『We are Bulletproof : the Eternal』や『I’m Fine』などが追加され、セットリストがさらに豊かになった。

2日目(28日)には、『Butter』のリミックスバージョンにフィーチャリング参加した、メーガン・ザ・スタリオン(Megan Thee Stallion)がサプライズゲストとして登場。BTSは彼女と共に合同ステージを繰り広げ、会場の雰囲気を最高潮に盛り上げる。

客席では、数万人のファンが”アミボム(会場と連動して様々な色に変わるライトスティック)”を振りながら歌い、光のウエーブを作り、約150分のコンサートに熱気を加えた。

BTSは2日目のコンサートを終え、「皆さんにこうしてまた会えた。まるで夢のような時間だったし、ようやく自分たちの、そして僕らの歌の居場所を見つけたような気がする。ARMY(アーミー:BTSファン名称)の歓声、熱気、本当に見るもの全てが、とてつもないことだと感じる。今日、夢でまたコンサートをしよう」と溢れる思いを伝えた。

今回のコンサートは、別スクリーンを通じてリアルタイムでコンサートを視聴できる『LIVE PLAY in LA』イベントも実施。世界のBTSファンは、ロサンゼルスにある専門公演場”YouTubeシアター”に設置された大型スクリーンでもコンサートを観覧し、感動の瞬間を共有している。

BTSは『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE – LA』で、新たな記録も打ち立てた。Sofi Stadium側は「BTSはSofi Stadium史上初めて、4公演のチケットを全て完売させた。またSofi Stadiumで開催された、単独バンドあるいはアーティストの公演の中で、最多チケット販売を記録した」と明かす。

BTSは、来る12月1日と2日にも、Sofi Stadiumで『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE – LA』コンサートを行う。

最終日(12月2日)は、ファンコミュニティープラットフォームWeverse(ウィバース) Shopで利用券を購入すれば、生中継で視聴が可能だ。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1875)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース