2000年代、韓国歌謡界にセンセーションを起こしたRAIN(ピ / 本名 チョン・ジフン)。かつて芸能活動が不調だった頃もあったが、最近放送されているバラエティー番組で魅せた新たなコンセプトで人気が上昇している。

韓国が輩出した“第1世代のワールドスター”RAIN(ピ / 本名 チョン・ジフン)が連日話題になっている。今年38歳のRAINは、全盛期と変わらぬ容姿と徹底したフィジカル、カリスマあふれる雰囲気に加えて面白さ満載のバラエティー感覚まで備え、視聴者たちの視線を一気に惹きつけている。

現在、MBCバラエティー番組『遊ぶなら何する?』で結成された期間限定のプロジェクトグループ“SSAK3(サクスリー)”が途方もない人気をみせており、韓国国内を越えて、海外にまで旋風を巻き起こしている中で、RAINの勢いが断然引き立って見える。

SSAK3(サクスリー)

SSAK3(サクスリー)(画像出典:遊べば何してるの? Instagram)

7月18日にリリースされたSSAK3の新曲『またこの海辺で(Beach Again)』だけでなく、RAINのソロ曲『楽しいな(Feat.MAMAMOO)』も音源チャートの上位圏にランクインし、RAINのSSAK3での活動名“飛龍(ピリョン)”の如く“飛び上がる龍”のように人気上昇中だ。

韓国メディア・ヘラルド経済によると、RAINが大衆から耳目を集めている現象には、注目する必要があるという。

RAINは、2013年7月に除隊後、長い期間、不調に陥った。彼がリリースした楽曲や慎重に選択した作品もこれといって特に反応は無く、特に2017年にリリースされた『GANG(깡)』の過度なコンセプトは、時代とミスマッチだと言われ、RAINに多くの嘲弄が向けられた。

さらに、KBS『The Unit~アイドル再起プロジェクト』(2017)で、アイドル練習生にアドバイスをする姿もあまり見栄えが良くなく、Mnetアイドル育成プロジェクト『I-LAND』(2020)でプロデューサーをするシーンも同様だった。

だが、SSAK3の活動でイ・ヒョリに出会い、RAINに対する世間の目が変わった。イ・ヒョリは、RAINに「アイドルのメンタルケアを担当しているって?あなたのメンタルをまず先に整えなさいよ」と鋭くコメント。暇さえあればRAINに「もう顔を見るのも嫌」「憎たらしい」と語り、RAIN本人も「そんなこと言われると寂しくなるじゃない‥」と、いじられることに肯定的な反応を見せたことで、RAINのいじられキャラが誕生した。

RAIN(ピ)

RAIN(ピ)(画像出典:RAIN Instagram)

興味深いのは、RAINのファンたちも彼のいじられキャラを楽しんでいるという点だ。イ・ヒョリは、自身のSNSにRAINのファンから貰った手紙を公開。その手紙には「末っ子RAINをいじるイ・ヒョリお姉さんに、それとなく満足を感じています。お姉さんのいじりの中には、RAINへの愛があります。沢山の笑いを提供してくださって心より感謝を申し上げます」と綴られており、イ・ヒョリに感謝の気持ちを述べている。

2000年代、歌謡界にセンセーションを起こし、異彩を放つソロアーティストとして多くの女性ファンを虜にしたRAIN。歌手・俳優という才能を持ちながら、イ・ヒョリとユ・ジェソクにいじられる新たなコンセプトにより、一生が全盛期と言っても過言ではないほど絶頂の人気を享受し、大衆から高い評価を得ている。


飛龍『楽しいな(Feat.MAMAMOO)』MV(動画出典:놀면 뭐하니?)






Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs