最近、投票操作の疑惑が浮上したことで警察が捜査を進めているMnetのオーディション番組「PRODUCE X 101」と「アイドル学校」。MBCの調査報道番組「PD手帳」ではこれらの番組の問題点などが暴かれた。

Mnet「PRODUCE X 101(プロデュースX / プデュX)」の投票操作と関連し、スターシップエンターテインメント(以下:スターシップ)所属の練習生の特別待遇と癒着疑惑まで浮上した。

10月15日に放送された、MBCの調査報道番組「PD手帳(ピーディーてちょう / PD수첩)」では「CJと偽オーディション編」が放送され、「PRODUCE X 101」の投票操作およびデビュー組の順位決定などの問題点を暴いた。

プエクの疑惑を報じたPD手帳

「PRODUCE X 101」の疑惑を報じた「PD手帳」(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:PD手帳)

この日「PD手帳」では、「PRODUCE X 101」の生放送当時、視聴者投票を担当した製作スタッフは現場におらず、第3の場所で別の製作スタッフに投票結果を知らせていたと伝えられた。

また「PRODUCE X 101」に参加したある練習生を通じて、製作スタッフと所属事務所の癒着関係があるという疑惑を提起。

ある練習生は「スターシップ所属だったある友人が競演曲を知っていて流布したことで一度騷ぎが起こった。自身の振りつけの先生が教えてくれたと言っていた」とし「練習生同士の間で、この番組は“スターシップ専用”“スターシップチャンネル”“スターシッププロデュース”だと言っていた」と打ち明けた。

この練習生が言及したスターシップは、警察の捜査と関連し、押収捜索の対象だった所属事務所だ。

これを受けてスターシップの関係者は「現在捜査中のため、私たちが別途申し上げることは出来ない。私共は最大限警察の捜査に協力をしている」と伝えた。

それだけではなく、この日「PD手帳」では「アイドル学校」出身の歌手イ・ヘインが出演し、インタビューを通じて「称賛されたのに脱落し、(製作スタッフから)申し訳ないと言われた。番組は初めから操作されていた」と主張した。

アイドル学校の疑惑を暴露したイヘイン

「アイドル学校」の疑惑を暴露したイ・ヘイン(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:PD手帳)

彼女は「初めは(製作スタッフから)3000人のオーディションに行くなと伝えられた。準備をせずにいたら、撮影の前日にやっぱりオーディションに行ってくれと頼まれた。なぜなら私がプロデュースシリーズに参加し、比較的認知度がある練習生であったため」とコメント。

さらに「3000人のオーディションをどのように受けたのかと聞かれたら、誰も返事はできないでしょう。オーディションを受けていないから。3000人は利用されたのです」と付け加えた。

また「練習生の中には12才の子もいた。成長期なのでしっかり食べなければならないのに、ご飯を与えられなくて泣いている子もいた」とし「室内で撮影をしているので昼間なのか夜なのか分からない。閉ざされた空間なので窓を割って脱出した子もいた。明け方4時に呼ばれても出て行かなければならなかった。生理が来ない子もいたし、2ヶ月間出血が止まらなかった子もいる」と話して衝撃を与えた。

「PD手帳」側は、今回の論議と関連し、中心にいるアン・ジュンヨンPDとの接触を試みたが、連絡すら出来ない状況だと伝えられた。

操作疑惑により、練習生やファン、小さな所属事務所が大きな傷を負ったとされているCJ ENM(Mnet)のオーディション。

この日「PRODUCE X 101」「アイドル学校」などのキーワードは、ポータルサイトのリアルタイム検索語の上位にランクインするほど話題を集めた。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。