12月11日に最終回を迎えた「PRODUCE 101 JAPAN」。当番組から誕生した11組ボーイズグループ「JO1(ジェイオーワン)」の結成を祝う声の一方では、デビューを逃してしまった練習生を思い胸を痛めるファン達の声も聞かれていた。そして現在TwitterをはじめとしたSNSではデビューを逃した7人の練習生で構成された仮想グループ「SSSS」の存在に注目が集まっている。

「JO1(ジェイオーワン)」としてのデビューを果たせなかった練習生達のデビューを求める声が聞かれている。

12月11日に最終回を迎えた「PRODUCE 101 JAPAN」。
国民プロデューサー達が固唾を飲んで見守る中、当番組からは最終順位上位11人で結成されたグループ「JO1」が誕生した。

「JO1」としてのデビューを逃した7人の練習生で構成された仮想グループ「SSSS」

見事「JO1」としてのデビューを掴んだ11人の練習生達!!!(出典:PRODUCE 101 JAPAN 公式Twitter)

当グループの誕生にSNS等では多くの祝福の声が聞かれたが、その一方ではあと一歩のところでデビューを逃した練習生達を思い悲しむファン達の声も聞かれることに。
そのような声が募る中、現在Twitter上では「JO1」のデビューを逃した練習生達のデビューを望むファン達により作られた、仮想グループ「SSSS(Quad-S:クォードエス)」の存在が拡散されている。

安藤誠明、井上港人、上原潤、大沢駿弥、北川暉、佐野文哉、宮里龍斗志の合計7人の練習生で構成されている「SSSS」。

「JO1」としてのデビューを逃した7人の練習生で構成された仮想グループ「SSSS」

ファンにより「SSSS」のメンバーに選ばれたのはこちらの7人の練習生(出典:PRODUCE 101 JAPAN公式ホームページ)

この「SSSS」というグループ名は“最終作戦(Sai-Shu-Saku-Sen)”の頭文字が由来となっているとのこと。
またグループ名に見られるSには、“Aランクよりも更に上のランクであるS”また“Super Special Secret Squad”などの多様な意味も込められたものとなっているようだ。

現在、Twitter等をはじめとするSNSでは彼らのデビューを応援するアカウントも作成されている模様。
同時に彼らのデビューを実現させるための署名活動も行われている様で、13日の午前10時の時点で、158人が彼らのデビューに対し賛同の声を寄せている。

「SSSS」に対しTwitter上からは

「SSSSのメンバー構成がすごく良い!!」
「このグループの結成が実現したら絶対に推す!」
「本人達もSSSSでのデビューを望むならデビューしてほしいな」
「ファイナルに残った練習生以外の練習生もメンバーに入っていて嬉しい」
「SSSSを応援する!!!」

という彼らのデビュー実現を望む声が多数聞かれており、韓国のファン達も当グループのデビューに賛同しているようだ。

「PRODUCE 101 JAPAN」の放送が終了した中で注目を集めている「SSSS」。
今後、彼らのデビューの実現、というファン達の願いが叶うのかという点に注目が集まる。