日本のソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントが共同で開催した、アイドルオーディション『Nizi Project(虹プロ)』から誕生した9人組ガールズグループNiziU(ニジュー)。彼女たちの奮闘は、日本テレビ系ワイドショー『スッキリ』で毎週放送され、同番組は韓国で注目されることに。しかし、実はそれ以前より、一部のK-POPファンには知られていたある有名な出来事があって‥。 (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

日本のソニーミュージックと、韓国のJYPエンターテインメントが共同で開催したアイドルオーディション『Nizi Project(虹プロ)』から誕生した9人組ガールズグループNiziU(ニジュー)。彼女たちの奮闘は、日本テレビ系ワイドショー『スッキリ(2006~)』で毎週放送され、そのたびにツイッターではリアルタイムトレンドに浮上。これをきっかけに、同番組は韓国でも注目されるようになる。

NiziUの総括プロデューサーを務めたパク・ジニョン(J.Y.Park)も、同番組で数回にわたり取り上げられ、韓国のネットで話題となった。

しかし、一部のK-POPファンにとって『スッキリ』は、以前より馴染みのある番組だ。

番組内のコーナー“WEニュース”は、海外エンタメ情報を伝える1コーナーであり、韓国アーティストも多く出演。中でも、“K-POPの帝王”として知られる東方神起(TVXQ)は2011年より登場し、番組司会者らと長年に渡ってスポーツ対決を実施、視聴者を楽しませている。

ファンのために辛い気持ちを隠してテレビ出演した東方神起

2017年当時、ファンのために辛い気持ちを隠してテレビ出演した東方神起。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

そして除隊後の2017年、東方神起にとって約2年ぶりの活動再開となった記念すべき年だった。同年8月、2人はアジア3カ所を巡り『東方神起 ASIA PRESS TOUR』を敢行。この時チャンミンは、除隊してからわずか3日しか経っていない状況の中で行われた。

日本で行われたプレス会見では、3度目となる全国5大ドームツアー『東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~』の開催を発表。11月の札幌ドームを皮切りに、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡と、全国5カ所14公演と追加公演を含めて17公演を行い、78万人を動員している。

しかしこの年、事務所の後輩であり大切な仲間であるSHINeeのジョンヒョンさんが、突然この世を去ってしまう。

この日、東方神起は東京ドーム公演を控え日本へ滞在。一刻も早く、ジョンヒョンさんに会いに行きたい気持ちの中、予定通り『スッキリ』に生出演する。番組関係者は、この悲報をもちろん知っている。生放送であり情報番組の特性上、2人の登場を温かく迎えつつも、ジョンヒョンさんについて触れないわけにはいかなかった。

言葉を選び、時折天を仰ぎながらコメントしてくれた2人の気持ちに、司会者である加藤浩次をはじめ、出演陣は極力寄り添おうとしている様子を見せた。そして当時リリースした新曲『Reboot』を、生披露するのだった。

深い悲しみの中、完ぺきなステージを見せたユンホとチャンミン。

圧倒的パフォーマンスに、スタジオ全員が惜しみない拍手を送った後、加藤浩次は「生放送で気持ち的に辛い部分があったと思いますけど、しっかり歌ってもらって本当に申し訳ないです。ありがとうございました」と2人に謝罪の言葉を伝えるのだった。

これを観たファンは、加藤浩次の気遣う姿勢と謝罪の言葉に反応。感謝の気持ちをSNSなどで続々とあげている。

そして翌年の2018年、SHINeeは約7年ぶりに『スッキリ』へ生出演。やはりこの時も、加藤は4人への気遣いを忘れなかった。

初登場から7年後に「スッキリ」に出演したSHINee

2018年、初登場から7年ぶりに「スッキリ」に出演したSHINee。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

「いろいろ気持ちの整理がつかなかったり、辛い状況だったと思います。でももう一度4人でステージに立ちたいというのは、どんな思いがありましたか」と尋ね、「待ってる人がたくさんいるからね、新たな決意という事だよね」と共感する姿を見せた。

彼のこの一連の発言もまた、ファンを温かな気持ちにさせると共に、この2つの放送は海を渡って韓国ファンの間でも話題となった。

そのため『スッキリ』とその司会者である加藤浩次は、韓国ファンの間で知られる存在となっているようだ。

東方神起

東方神起(TVXQ)は、チャンミン、ユンホによる韓国出身の男性デュオ。
レコード会社兼芸能事務所のSMエンターテインメントに所属し、韓国や日本を中心に活動している。
2010年までは5人組ボーカルグループで活動していたが、2009年7月メンバーのうちジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が所属事務所に対する専属契約効力停止の訴訟を起こし、5人での活動が無期限休止され、翌2011年1月のカムバック以降はユンホ、チャンミン2人で活動している。

東方神起 プロフィール&記事(211)




人気ニュース

東方神起 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース