2020年6月に結成され、同年12月、鮮烈デビューを飾った人気アイドルグループNiziU(ニジュー)。しかしこの1年で、話題性の少なさや露出度の低さが顕著だ。では、その突破口として浮上しているK-POPの本場、韓国でNiziUはどう評価されているのだろうか? その現状を紹介したい。

昨年、JYPエンターテインメント(以下JYP)と、日本の民放局である日本テレビがタッグを組んで行われた大規模オーディション『虹プロジェクト』。

この番組で9人のメンバーが選出され、2020年6月にNiziU(ニジュー)という名の女性アイドルグループが誕生した。

デビュー前から音楽ファンの熱い視線が注がれたNiziUは、同年12月に鮮烈デビューを飾り、大晦日に放送されるNHK『紅白歌合戦』には、史上最速の”デビュー29日”で出場するという快挙を成し遂げた。

だが今年、順風満帆に見えた彼女たちの活動も”伸び悩み”が見え、”試練”というキーワードが浮上し、今後の活動を憂慮する声が聞こえている。中には「急に見なくなった」「突然消えた」など、刺激的なワードで皮肉を言うネットユーザーも。

NiziU 1stフルアルバム『U』

NiziU 1stフルアルバム『U』ジャケットイメージ(画像出典:JYPエンターテインメント)

一部の音楽ファンは、突破口として韓国をはじめとする、海外進出に注目。

もともとJYPは、K-POPカルチャーを先導するエンターテインメント企業であり、彼らが輩出した数々のアイドルグループは、海外での活動を念頭において作られている。

NiziUがK-POPの本場である、韓国でお墨付きをもらい、それをバネに海外でも活躍するというシナリオは、『虹プロジェクト』がローンチされた段階で、すでに話し合われている可能性が高い。

だが、NiziUの韓国&海外進出のニュースは、一向に聞こえてこない。日本の国内需要だけを満足させるアイドルグループにしては、そのポテンシャルがもったいないと思うファンも多いはずだ。

では、彼女たちの次のデスティネーションとして浮上している韓国では、音楽とパフォーマンスに対してどう評価されているのだろうか。

残念ながら現在、韓国メディアをはじめ、韓国オンラインコミュニティーでの評価は、”音楽<経済的価値”に偏っている。

実際、韓国メディアの報道を見てみると、芸能専門メディアよりも経済専門メディアによるニュースが多い。

最近公開された、ニュースの見出しを見てみると、

  • JYPエンターテインメント 目標株価 上方調整 Stray Kids TWICE NiziUが旺盛(10月25日 ビジネスポスト)
  • FNC 第2のNiziUへの期待に株価上昇(10月20日 マネートゥデイ)
  • JYP 取引量増加に株価上昇‥10.2%↑(10月20日 租税金融新聞)
  • NiziU 1stフルアルバム『U』ジャケットイメージ公開(10月4日 BizEnter)

など「NiziUのおかげでJYPの株価が上がっている」という論調を紹介している記事が大半だ。しかも”ビジネス”、”マネー・金融”など、投資や経済に関する単語が媒体名に付いているメディアが目立つ。

NiziUの持つ音楽的アイデンティティーや将来性、K-POPアイドルとの比較といった観点での記事は、あまり見当たらない。

NiziU 韓国活動

NiziUの韓国活動は実現できるのか‥?(画像出典:NiziU公式SNS)

では、韓国の音楽ファンの評価はどうなのだろうか。

経済的価値や、株価上昇への貢献など、音楽ファンが多く集まるオンラインコミュニティーでの評価も、韓国メディアが見せる”偏狭”そのままだった。ごくまれに新曲レビューが上がってはいるが、マイノリティーに過ぎない。

上述したように、NiziUにはK-POPカルチャーを先導するJYPの有望株として、その音楽性や将来性にスポットライトを当ててもらいたいのだが、残念ながら韓国メディアが持つ彼女たちのイメージは、”株”そして”JYPの稼ぎ頭”に留まり、抜け出せずにいる感が否めないのだ。



NiziU

JYPエンターテインメントとソニーミュージックによる共同グローバル・オーディション『Nizi Project(虹プロ)』から誕生した9人組ガールズグループ。

メンバーは、マコ、リオ、マヤ、リク、アヤカ、マユカ、リマ、ミイヒ、ニナ。

6月30日に、プレデビュー曲『Make you happy』を発表、12月2日に『Step and a step』で正式デビューした。

NiziU 最新記事はこちら(83)







編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs