SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のキム・ヒチョルが、新しく放送されたバラエティー番組でTWICE(トゥワイス)のモモについて言及して慌てる様子を見せた。これまでネットユーザーたちからはヒチョルとモモを応援する声が多く見られたのだが、今回はこれまでと少し違う意見が見られた。果たして彼らの声とは..

SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のキム・ヒチョル(ハングル 김희철)が、放送中に恋人であるTWICE(トゥワイス)のモモについて言及して慌てる様子を見せた。

2月10日に放送されたJTBCバラエティー番組「77億の愛(原題 77억의 사랑)」では、MCのシン・ドンヨプ、ユ・インナ、キム・ヒチョルが、77億の人口を代表して世界各国から集まった14人の男女と共に国際恋愛について話を進めた。

モモについて言及したヒチョル

モモについて言及したヒチョル(画像出典:JTBC「77億の愛」キャプチャー)

MCのシン・ドンヨプは、番組に先立ち「外国人の方々と共にする番組でもあり、恋愛経験がある方がいなければならないのですが、そうするとキム・ヒチョルさんの役割が重大です」として、日本人のモモと国際恋愛をしていることについて間接的に言及した。

また、女優ユ・インナは「多くの方々が、このようになって(公開熱愛をすることになって)番組を選択したと思っているかもしれませんね」とコメント。

すると、キム・ヒチョルは「いや。僕はその..違います。ちょっとタイミングが..」とし「 ‘これは面白い番組だ。国際恋愛?なんだこれ!’ と思ってMCを引き受けましたが、自身が国際恋愛をするとは思っていませんでした」と語り笑いを提供した。

この日の放送で、韓国代表のゲストとしてラッパーのDinDin(ディンディン)が登場し、過去カナダで留学していた時期にドイツ国籍の女性と国際恋愛を経験したと明かした。

これについてMCが ‘みんなは国際恋愛の経験があるか’ と質問すると、DinDinは「MCのみなさんはなぜ手を挙げないのですか?」と直球を飛ばし、出演陣たちの視線はキム・ヒチョルに向けられることに。

キム・ヒチョルは「番組のMCの交渉は、熱愛記事が出る前に行われました。熱愛説が出た後に提案されたら引き受けなかったと思います」と打ち明けると、シン・ドンヨプは「そのように気を付けている姿が本当にすばらしく見える」と返してキム・ヒチョルを称賛した。

また、放送中キム・ヒチョルは「韓国で○○を賛成する比率」という台本を読み、○○の部分は韓国語で「뭐뭐(モモ)」と言うため、‘モモ’と顔を赤らめて読みながら慌てる様子を見せた。

‘モモ’と台本を読み顔を赤らめるヒチョル

‘モモ’と台本を読み顔を赤らめるヒチョル(画像出典:JTBC「77億の愛」キャプチャー)

このようなヒチョルの姿を見た視聴者たちは、意外な反応を見せることに。

これまでヒチョルとモモの恋愛を応援するネットユーザーたちが多く、もちろん今回もそのような声も寄せられた。

しかし一方では、「ヒチョル本人もジレンマでしょうね。あのように反応すれば視聴者もおもしろがるし。反応しなければ批判されるでしょうし..」「ヒチョルはモモについて言及すると、後でファンたちに申し訳ないと感じるでしょう。あえて放送で言及させなきゃダメなの?見ている方が不便で可哀想になる」などの反応を寄せて、番組であらかじめ不便な質問について調整することが出来ないのかと、ヒチョルを心配する声も寄せられている。


キム・ヒチョルさんの役割が重大です!(動画出典:JTBC Entertainment)

‘モモ’と台本を読んで慌てるヒチョル(動画出典:JTBC Entertainment)