MASC(マスク)グループ内暴行の加害者とされるメンバーエースが謝罪とともに一部の事実に対して反論した。

8人組ボーイズグループMASCのメンバー間で、暴行の是非が浮き彫りになった。所属事務所が立場を明らかにしない中、加害者とされたメンバーのエースは、グループから離れる決意をした。

MASCメンバー。右から1番目はチビン, 右から4番目がエース

MASCメンバー。右から1番目はチビン, 右から4番目がエース(出典:Instagram)

29日エースはSNSに長文を掲載し、自分自身に暴行を受けたと主張したチビンの暴露記事に対し、コメントした。

MASC エース。チビンに暴行を加えたとされている

MASC エース。チビンに暴行を加えたとされている(出典:Instagram)

このコメントの中でエースは「多くのみなさんにご迷惑をおかけして申し訳ない。僕を信じてくれ、愛してくれたファンのみなさんにとても申し訳なく、一緒に活動してきたメンバーにも申し訳ない気持ちだ」と心境を伝えた。

続いて「前後の事情や僕の意中から離れ、結果的に僕がした行動に対する過ちを認める」としながら「しかし、傘を石垣で折って凶器にしたとか、当時僕を止めるメンバーたちに対しても暴行を加えたということは、絶対に事実ではない」と主張した。

MASC エースが残したコメント。過ちは認めるが、一部の事実に対しては否定した

MASC エースが残したコメント。過ちは認めるが、一部の事実に対しては否定した(出典:Instagram)

また「5ヶ月間、謝罪を一度もせずに潜伏したという事実はなく、空白期間、すべての責任を負って、グループ脱退をはじめとする事務所との契約を解除し、警察の調査まで完了した状態」と説明した。

このコメントとともにエースは、今回の議論に関連した心境を表現て自作したラップ映像を公開し、注目を集めた。
その中でエースは、チビンと主張が異なる立場を明らかにしている。

先にMASCのチビンは、26日と28日の2回にわたり、自身のSNSにグループのメンバー・エースから暴行を受けたと主張する文章を掲載し、物議をかもした。

一方、これと関連し、所属事務所はいかなる立場も明らかにせず、沈黙を貫いている。

[korea_sns_button] [reaction_buttons]

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース