5月9日、4thミニアルバム『minisode 2: Thursday’s Child』の発売記念ショーケースを行ったTXT。彼らの新しいコンセプトに一部の韓国メディアが「TXTが”黒化”した」と騒いでいる。K-POPファンなら気になる”黒化”という言葉の意味とは?

K-POP第4世代アイドルの代表格、TOMORROW X TOGETHER(以下、TXT)がカムバックを果たした。

TXTは5月9日、4thミニアルバム『minisode 2: Thursday’s Child』の発売記念ショーケースを行った。彼らは、新譜にまつわるエピソードや、今後の意気込みについて熱く語っている。

TXTが黒化?

『minisode 2: Thursday’s Child』は、初恋に失敗した少年の複雑な感情と、その少年が世の中を知っていく様子が描かれたアルバムだという。

『minisode 2: Thursday’s Child』でカムバックしたTXT

『minisode 2: Thursday’s Child』でカムバックしたTXT(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

そのためか、前作に比べ、一層強烈なパフォーマンスとビジュアルを披露した。

そんなTXTに対して、一部の韓国メディアは「TXTが”黒化”した」と騒いでいる。

確かに、全身ブラックの衣装に身を包んだTXTメンバーは、言葉通り”黒化”している。しかし、この”黒化”という言葉は、目に見えるものだけを指しているわけではない。

今回は、韓国ネットでよく使われている”黒化”という言葉を紹介したい。

“黒化”の意味

韓国語では”흑화”と書き、“フクファ”と読む漢字語

近年、韓国ドラマの主人公や、K-POPアイドルのコンセプトに対して、”黒化”という言葉をよく耳にしないだろうか。

韓国語では”흑화”と書き、“フクファ”と読む漢字語である。漢字は日本で使われる”黒化”と同じだ。

日本における“黒化”とは、”動物や昆虫の体表部が黒くなる現象”、”ランプの電極やフィラメント材料が蒸発し、発光管内面に付着して黒くなる現象”など、化学的な現象を説明する時に使われる言葉である。

一方、最近韓国ネットで見かける”黒化”は、人間の内面的な変化を表す新造語。

ある事をきっかけに、善良な人物が”悪辣な自我”に目覚め急変した場合に、”黒化してしまった”と表現している。

例えば韓国ドラマで、優しい心の持ち主が、親の死をきっかけに明らかになった真実を憎み、復讐を誓う展開になると、韓国ネットでは「主人公が黒化した! これからの展開が楽しみ!」といったコメントが登場する。

また、K-POP界においては、世界観(シリーズ化された音楽コンセプト)の一部が、反抗や復讐、退廃を描写するケースが多いのだが、それを説明する時に”黒化”が用いられるのだ。

最近は、アルバムの白基調と黒基調の、2つのコンセプトでリリースをするアイドルグループもおり、ファンは黒基調の方を”黒化版”と呼んだりするそうだ。






TXT

2019年3月4日にデビュー。
BigHitエンターテインメントが、BTS以来5年9ヵ月ぶりに輩出したグループで、デビュー前より“BTSの弟”として注目を浴びていた。

デビューアルバムは「The Dream Capter:STAR」で、タイトル曲は「ある日頭から角が生えた(韓国名 어느날 머리에서 뿔이 자랐다 / CROWN)」。

TXT 最新記事はこちら(327)

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs