現在、韓国で波紋を呼んでいる”校内暴力”暴露問題。学生時代の”いじめ”や”校内暴力”の暴露により、番組を降板する俳優や活動自粛するアイドルも‥。そして今回また新たな暴露で、韓国芸能界がさらに闇に陥る可能性が出てきた。その暴露とは、K-POP界での”グループ内いじめ”だ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

現在韓国芸能界で広がっている”校内暴力”や”いじめ”の暴露問題は、それが事実であってもなくても、暴露対象となった芸能人のイメージダウンは避けられない。

そして、一旦火種が消えたと思っても、また別の告発者が現れ再燃してしまうパターンも見られている。また、告発した人物に対する誹謗中傷などにより、二次被害も発生している状況の中、また新たな火種が持ち上がった。

(関連記事)2021年 韓国芸能界「校内暴力・いじめ」暴露と各社対応 時系列まとめ

チーム内でいじめにあっていたことが暴露されたイ・ヒョンジュ

元APRILのメンバーイ・ヒョンジュの弟と名乗る人物が、チーム内でいじめがあったことを暴露した(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ガールズグループApril(エイプリル)の元メンバー、イ・ヒョンジュ。2015年にAprilのメンバーとしてデビューしたが、デビューから1年後、健康上の理由でグループ活動を行わなかった。そして同年10月「Aprilとしての歌手活動とともに、女優がやりたいという意欲があったが、2つの活動を準備するには精神的にも体力的にも無理があった」と脱退を知らせ、当時のファンたちに衝撃を与えた。

しかし、この脱退理由について、先月28日、韓国のオンラインコミュニティーに、イ・ヒョンジュの弟と名乗る人物が書き込んだ内容が韓国の複数メディアで紹介され、波紋を広げている。

この人物は「数年前、常に事実を言いたかったが、姉の未来を考えて我慢してきた」「これからは勇気を出して話すべきだと思い、こうして書いている」と話を切り出し、「姉は演技をやりたくてAprilを脱退したと伝えられたが、事実ではない」「姉はグループ内で大きないじめと仲間はずれにあい、そのためパニック障害と呼吸困難などでとても苦しんでいた。結局、姉は自殺を図った」と暴露した。

さらに「グループから脱退した姉に、所属事務所は演技をやるために出ていくという話の手紙の内容を送り、そのまま書けと言った。姉はそのまま書き、家族はそうするのが姉のためだと思った」「その手紙を書いて、姉は自分の利益だけのためにチームを裏切った人となり、悪質コメントを受けた」と主張した。

続けて「その後はメンバーから謝罪されたこともなく、むしろ会社を訪れた母と会っても、そのグループのメンバーたちはあざ笑って通り過ぎた」「これ以上このメンバーたちが活動する姿を見たくない」と、この書き込みを書いた背景を明らかにした。

これに対し、Aprilの所属事務所DSPメディア側は、「事実関係を確認する」という立場を明らかにしただけの状況で、この書き込みが事実であるか虚偽であるかはまだわかっていないため、ネット上でもさまざまな意見が飛び交っている。

*****

K-POP界では、これまでもガールズグループAOA(エイオーエー)の元メンバーであるクォン・ミナが、当時リーダーだったジミンから長期間いじめられていたという事実を暴露し、ジミンもグループから脱退することになったり、ILUV(アイラブ)出身のシン・ミナもいじめられていたという事実を暴露したりと、特にガールズグループ内でのいじめが度々ニュースになってきた。しかしこれらは、氷山の一角にすぎないのかもしれない。

(関連記事)「傍観も重罪」AOA ジミンのいじめ騒動で他メンバーにも非難が飛び火

現在、韓国芸能界を脅かす大きな問題になっている”校内暴力”の暴露の数々、そして今回のイ・ヒョンジュの弟を名乗る人物の”グループ内いじめ”の暴露により、次は”グループ内いじめ”の暴露合戦第二幕が開けるのではないかと、ファンのあいだでは憂慮されている。今後、ますますの所属事務所の対応力が問われる問題として世間が注目することになりそうだ。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース