Danmee(ダンミ)では、「推し活中に韓国語が必要だと実感した経験はある?」と、K-POP&韓流ファンに対象に調査を実施しました。どんな結果が出たのでしょうか?

推し活中に韓国語が必要だと実感した経験はある?

推し活中に韓国語が必要だと実感した経験はある?

韓国ドラマやK-POPに親しみを感じ、楽しむ日本人が日々増加しています。

最近は、K-POP界で活躍する日本人も増え、若年層を中心にファン層が拡大中。

とはいえ、“韓流文化”と称される大衆文化は、日本人にとっては海外のものであり、ドラマのセリフも、楽曲の歌詞も基本的には韓国語がメインです。

日本のファンを配慮して、日本語のコメントをSNSに書き込んだり、日本語でのビデオメッセージを配信する事もありますが、一過性のイベントにすぎません。

そのため、「韓国語が分かれば、より推し活を楽しめるのに」と思う人も少なくないはず。

ということで、Danmee編集部では、K-POP&韓流ファンの本音をうかがうために、アンケートを実施しました。

●投票期間:2023年2月28日~3月7日
●有効投票数:204票
●投票ページ:「勉強しておけばよかった‥」推し活中に韓国語が必要だと実感した経験はある?
●結果
– 実感した経験があり、韓国語の勉強をしている: 131票 / 64.22%
– 実感した経験はあるが、特に勉強はしていない: 67票 / 32.84%
– 実感した経験はなく、勉強するつもりもない:6票 / 2.94%

回答の96%が「韓国語勉強の必要性を実感」

アンケート参加者の約64%が「実感した経験があり、韓国語の勉強をしている」と回答しました。

続いて「実感した経験はあるが、特に勉強はしていない」との回答した人が全体約32%。勉強中か否かはともかく、韓国語の必要性を感じたと答えた人が、96%を超えております。

回答の96%が「韓国語勉強の必要性を実感」

回答の96%が「韓国語勉強の必要性を実感」

韓国語の勉強を必要性を感じた理由は、

・韓国ドラマを字幕なしで観たい
・アイドルの自主コンテンツで、字幕がないと何を言っているのか分からない
・ヨントンや握手会などのファンイベントで、自分の気持ちをしっかり伝えたい

など、主に3つ。

※ヨントン:ヨンサントンファ(映像通話)の略語

特に、新型コロナウイルスの感染症対策緩和により、韓国スターの来日イベントが増加。それに伴い、直接韓国語でメッセージを伝えたいという願望を持つファンも増えているようです。

あるイベントで目撃した伝わらぬメッセージ

以前Danmeeでは、とあるアイドルのイベント(ツーショット撮影会)を取材したことがあります。

撮影に入る前、簡単な挨拶を交わすのですが、ファンは許された時間内に、必死に覚えた長文の韓国語メッセージを伝えるのです。

しかし、そのメッセージは上手く伝わらず、困った表情を見せるファンとアイドル。

アイドルとしては、笑顔で「ありがとう、ありがとう」と頷くしかない状況。一部のファンは、そのような状況を予想したかのように、ハングルで書かれたメッセージボードを見せる場面も。

ファンにとっては、数少ない機会に、直接応援メッセージを伝えたい一心なはずですが、無念にもアイドルには届かないケースも稀ではありません。

韓国アイドルのために「韓国語で応援したい」という、優しい日本ファンの気持ちが叶わない瞬間を目の当たりにすると、どうも残念でたまりません。

それゆえに、韓国語の学習目的が「聞き取れるため」が大半でしたが、徐々に「伝えるため」という理由も増加しているといいます。

K-POPや韓国ドラマの人気で、世界で学習需要が増えている韓国語。そのブームは日本も変わらないようです。

皆さんの意見はいかがでしょうか?

Danmeeは今後も、K-POPや韓流スターの情報を発信しつつ、推し活の実態に追っていきたいと思います。

アンケートにご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

編集長コラム

Danmee編集長のコラムです。韓国芸能界の出来事やネットの話題を分かりやすく解説しております。日本のマスコミが滅多に取り上げない様々な韓国情報を読者の方々と共有していきたいと思います。

記事一覧を見る(1370件)





ご意見を自由にコメントしてください!

編集部おすすめ記事

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs