韓国の国民歌手キム・ゴンモ(ハングル 김건모)が性的暴行疑惑に包まれている中、15日カンナム警察署がキム・ゴンモを被疑者の身分として呼び調査を行った。地下駐車場に現れた彼は取材陣の質問に何も答えなかったという。

性的暴行疑惑に包まれている韓国の’国民歌手’キム・ゴンモ(52)が、警察に出頭し取り調べを受けている。

警察に出頭したキム・ゴンモ

警察に出頭したキム・ゴンモ(画像出典:Yonhapnews YouTube動画キャプチャー)

性的暴行などの容疑を捜査中のソウル江南(カンナム)警察署が15日、キム・ゴンモを被疑者の身分として呼び調査中だ。

同日午前10時22分に弁護士とともに、地下駐車場を通じて同警察署に入ってきたキム・ゴンモは、取材陣の質問に何の返事もせず、取調室に向かった。

韓国警察は先月14日、告訴人A氏を8時間にわたって調査したことに続き、同日キム・ゴンモを初めて召還した。

今月8日にはキム・ゴンモの所有車両を押収捜索し、確保したGPS(位置確認システム)の記録などを基に動線などを確認している。

先月6日、カン・ヨンソク弁護士などが運営するYoutubeチャンネル’縦横研究所’は、キム・ゴンモが過去、高級クラブで働いていたA氏を性暴行したという疑惑を提起した。

A氏は3日後、キム・ゴンモを告訴(性暴力犯罪)した。

これに対抗してキム・ゴンモの所属会社ゴンウム企画は今月6日A氏を情報通信網法上、名誉毀損で告訴した。

一方、1992年にデビューした90年代を代表する’国民歌手’キム・ゴンモは’韓国最短期間最多アルバム販売高’ギネス記録を保有していた(2019年5月BTSが更新するまで24年間)。


キム・ゴンモが警察に出頭し調査を受けていることを報じた韓国現地メディア(動画出典:YTN NEWS