K-POPガールズグループKARA(カラ)出身のカン・ジヨンが韓国に戻る。これまで知英(ジヨン)という名前で日本で活躍していたカン・ジヨンだが、日本での演技経験を活かし韓国でも“俳優の名家”と呼ばれている芸能事務所キーイーストと契約を結び、女優活動に専念していくことになった。

元KARA(カラ)のメンバーで、これまで日本で活動していたソロ歌手で女優のカン・ジヨン(ハングル 강지영 / 日本での活動名 知英(ジヨン))が、芸能事務所KEYEAST(キーイースト)と専属契約を結び、韓国に戻ってくる。

日本の活動を経て韓国に戻ってくるカン・ジヨン(写真提供:©スポーツ韓国)

12月2日、カン・ジヨンと専属契約を結んだ所属事務所キーイーストは「カン・ジヨンは2014年に歌手から女優に転向して以降、日本で助演からスタートし着実に出演作品を増やして経験を積みながら主演まで勝ち取るなど成長型の女優だ」とし「カン・ジヨンが韓国内でも演技者として活発な演技活動を繰り広げられるように、積極的に支援していく計画だ」と伝えた。

2008年、ガールズグループKARAのメンバーとして歌謡界にデビューしたカン・ジヨンは、溌刺として愛らしいイメージでファンから多くの愛と声援を受けた。

その後、韓国内はもちろん、海外でも活発な活動を繰り広げて歌手として頂点に達し、2014年にさらに大きな跳躍のため女優として転向した。

カン・ジヨンは当時、韓国の事務所DSPメディアとの契約が満了した後、日本で黒木メイサや桐谷美玲が所属している芸能事務所SWEET POWER(スウィートパワー)と契約を結び、自身だけのユニークな感性と無限の潜在力で演技者としての地位を固め、言語の壁があったにも関わらず、粘り強い根性で日本語の実力を積み上げてきた。

カン・ジヨンは、これまでドラマ「地獄先生ぬ~べ~」「民王」「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語 Part2」や、映画「レオン」「そして、生きる」「どすこい!すけひら」など多数の作品に出演し、自身の名を広めながら日本の芸能界で活躍してきた。

言葉の壁を乗り越えて日本で活躍していたカン・ジヨン

言葉の壁を乗り越えて日本で活躍していたカン・ジヨン(画像出典:カン・ジヨン Instagram)

5年ぶりに韓国に戻ることになったカン・ジヨンは、以前とは一味違いより一層成熟したイメージと雰囲気で、韓国内の作品で多様な魅力を発散することが予想される。

一方、カン・ジヨンが専属契約を結んだキーイーストは、俳優チュ・ジフン、キム・スヒョン、人気アイドルグループSS501に在籍していたリーダーのキム・ヒョンジュンなどが所属している“俳優の名家”であり、オン・ソンウ(Wanna One)主演のJTBCドラマ「十八の瞬間」、イ・ジヌク主演のOCNドラマ「ボイス3」、キム・ヘス&チュ・ジフン主演のSBSドラマ「ハイエナ」、パク・ソジュン主演の映画「使者」など活発な製作を広げる総合エンターテインメント企業だ。