ソロ活動が期待されていたWanna One(ワナワン)出身のカン・ダニエルが、最近ミニアルバムの収録を終えたと伝えられ、デビューに向けて拍車を加えている。今後のプロモーションから目が離せない!

プロジェクトグループWanna One(ワナワン)出身の歌手カン・ダニエル(ハングル 강다니엘)が、7月末にソロデビューする。

カンダニエル ソロ デビュー

カン・ダニエル..7月末に待望のソロデビュー(画像出典:カン・ダニエル 旧Instagram)

今年1月にグループ活動を終えて、ソロ活動を計画してきたカン・ダニエルは、最近個人事務所KONNECTエンターテインメント(以下:KONNECT)を設立し、ソロデビューに向けて準備を進めてきた。

27日、カン・ダニエルの所属事務所KONNECT側は「カン・ダニエルは、最近ミニアルバムの収録を終えてソロデビューを7月末に確定した」と明らかにした。

これと関連しカン・ダニエルは23日、自身のSNSにレコーディングスタジオを背景に「終わり(끝)」と書かれた紙を持ちながら写真を投稿し、カムバックを予告。

また、これと共にカン・ダニエルは「再スタート(다시 시작)」という文章を書き込み、ダンスの練習室を背景にした写真を公開してファンたちから熱い関心が寄せられた。

カンダニエル インスタ カムバック

SNSにカムバックを予告!!(画像出典:カン・ダニエル Instagram)

(関連記事)カン・ダニエル ソロ カムバック間近? インスタで意味深な近況報告

今回の収録作業には、ヒット作曲チームDevine Channel(ディバインチャネル)のCEOであり代表プロデューサーであるイム・グァンウク(Kei Lim)がメインプロデューサーとして参加し、カン・ダニエルのソロデビューに力を加えている。

イム・グァンウクを筆頭としたプロデューシングレーベルDevine Channelは、韓国およびLAで活動している。

ラッパーのNipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)など、海外のミュージシャンやBTS(防弾少年団)、EXO、TWICE(トゥワイス)、少女時代のテヨン、東方神起、VIXX(ヴィックス)などK-POPを代表するアイドルたちのヒット曲を手掛けてきたことでも有名だ。

カン・ダニエルは近い将来、タイトル曲を確定したのち、ダンスおよびプロモーションへの準備を整える予定だ。

個人事務所設立後、釜山市(プサンシ)の広報大使に選ばれるなど、カン・ダニエルに対して高い関心と数多くのラブコールを受ける中、ファンの声援に応えようと現在デビューに向けて拍車を加えている真っ只中だ。