JYPエンターテインメント(以下:JYP)と、ソニーミュージックによる共同ガールズグループプロジェクト”Nizi Project(虹プロ)”で、若い女性たちだけでなく日本人視聴者の心をがっつりつかんだJYPの創業者、パク・ジニョン(J.Y. Park)。最近日本の雑誌やテレビに出演するなど、NiziU以上に彼自身の知名度が抜群にアップしている。まさかとは思うが‥虹プロは自分PRのためだった!?

もはや社会現象と言っていいほど抜群の話題性を誇るNizi Project(虹プロ)。

オーディションを勝ち抜いた、9人組ガールズグループNiziU(ニジュー)のプレデビュー曲『Make you happy』は、9月11日現在、MV再生回数が1億回を突破している。

(関連記事)JYPにとってNiziUはガールズグループ集大成?その本気度が伺える根拠

MV再生回数は1億回を突破!

MV再生回数は、すでに1億回を突破!(画像出典:NiziU 公式Instagram)

今年は新型コロナウイルスの影響で、多くの行事が軒並み中止と言う憂き目に遭っているが、もし運動会や文化祭が通常通り開催されていたら、彼女たちの”縄跳び”ダンスは、全国で披露されていたのではないだろうか。

そんなNiziUの生みの親であるパク・ジニョンが、先日「HIGHSNOBIETY(ハイスノバイエティ) JAPAN ISSUE05」の特別表紙を飾ることが明らかになった。

HIGHSNOBIETY JAPAN ISSUE05

「HIGHSNOBIETY JAPAN ISSUE05」特別表紙(画像出典:Amazon)

誌面では18ページに渡り、グラビアとロングインタビューが掲載されているという。何を語っているのか、非常に興味深い。

またこれに先立ち、自身の日本初ベストアルバム『J.Y.Park BEST』を10月7日に発売することを発表。そしてこの初回生産限定盤には、特典として”J.Y.Park語録(別冊ブックレット)”が封入されるとあって、Nizi Projectを観ていた視聴者には、貴重なアイテムとなりそうだ。

Nizi Projectの放送を振り返ってみると、初回から最終回までトピックとしてあげられたのは、パク・ジニョンの”金言”と呼ばれる参加者へかける言葉の数々だった。

(関連記事)必見!Nizi Projectで炸裂したJYP パク・ジニョンの金言まとめ

8/12には愛弟子ソンミとコラボ曲を発表

8/12には愛弟子ソンミとコラボ曲を発表したパク・ジニョン(画像出典:パク・ジニョン 公式Instagram)

NiziUメンバーが決定した翌日、日本テレビ系ワイドショー『スッキリ』に生出演したNiziUとパク・ジニョン。番組出演者はNiziUメンバーとの中継に喜んでいたが、その後登場したパク・ジニョンの登場に、より一層の盛り上がりを見せ、メイン司会者の加藤浩次が「パク・ジニョンさんの名言集を出してほしい」と言及したことでも分かる通り、結果的に彼のファンを増やす結果となった。

また、アザー番組『虹のかけ橋』ではMCの古坂大魔王が「パク・ジニョンさんとより仲良くなるために”パクっち”と呼びたい」という提案に「気に入ったので、気軽に呼んでください」と笑顔を見せたかと思えば、『ヒルナンデス!』で司会の南原清隆が”Nan.Y.Park”に扮した物まねを見て大爆笑。「僕の知らない特徴をとらえています、公認します。僕が日本に行ったら共演しましょう」とまで伝えた。

パク・ジニョンとパン・シヒョク

若かりし頃のパク・ジニョンとパン・シヒョク(画像出典:ラジオスター)

かつて、パク・ジニョンはアメリカで成功することを夢見て渡米。そしてBTSの生みの親であるパン・シヒョク代表もアメリカに渡りパク・ジニョンと寝食を共にしていたが、最終的にBTSは日本で地道に活動をさせてきた。

そして現在、パク・ジニョンは日本で抜群の話題性と知名度を上げ、対するBTSは韓国のアーティストとして、初めてアメリカビルボードのメインシングルチャートである”HOT100″で1位を獲得。歴史的1ページを作り出すという、何とも皮肉な現象が起きている。

(関連記事)BTS 米ビルボード’HOT100’チャートで初の1位!あの ‘江南スタイル’を超えた

パク・ジニョンは、お父さん的存在として愛されている。

お父さん的存在として愛されているパク・ジニョン。

「元々はアーティスト志望ではなかった」というパク・ジニョンだが、JYP所属グループがカムバックすると、近いタイミングで自身もカムバックを予告し(しかも音源チャートで勝ってしまう)、アーティストとしてまだまだ後輩たちに負けたくないという気迫を感じずにはいられない。

また、10年計画でNizi Projectを成功させたというのは事実としても、どうにも”パク・ジニョン”が一歩前に出ている印象は否めないのだ。

さすがにあからさまに”踏み台”とは言い難いが、彼女たちと共に自身の日本進出ももしかすると計画の1つに入っていたのかも‥と勘繰らずにはいられない、昨今の活躍ぶりなのである。

まだまだ隠し札を持っているだろうか? 日本でもうしばらくは”パク・ジニョン”フィーバーが続きそうな予感がしている。