韓国で歌手活動はもちろん、俳優・バラエティーなど幅広い分野で活躍しているキム・ジェジュン(ハングル 김재중)。近日日本でカバーアルバムがリリースされる予定だが、最近の政治による冷え切った日韓関係をものともしない、爆発的な人気を改めて証明している。

歌手で俳優のキム・ジェジュン(ハングル 김재중)の日本カバーアルバム「Love Cover」が9月25日にリリースされることにより、ファンの期待が最高潮に達している。

キムジェジュン JYJ ジェジュン

日本でカバーアルバムを発売するキム・ジェジュン(画像出典:キム・ジェジュン Instagram)

9月13日、テレビ朝日(ANN系列)「ミュージックステーション(以下:Mステ)」に出演した際、オンラインを熱くしたキム・ジェジュン。

この日の放送当時、キム・ジェジュンはDreams Come True(ドリカム)の名曲「未来予想図2」をカバーして多くの人々の関心を集め、何より原曲の音程を変えずにそのまま歌い上げて幅広い音域を改めて証明した。

放送終了後にはツイッターなどのSNSで「ジェジュン」のワードがトレンド入りし、20万件以上のツイートで彼の話題性と人気を実感させた。

グループJYJのメンバーとして、またソロ歌手として日本での活動を活発的に行っているキム・ジェジュンは、歌の実力や美しい容姿だけでなく、流暢な日本語の実力とウィットに富んだレベルの高い会話力で、音楽番組を越えて各種バラエティー番組でも彼の真価を発揮している。

25日に日本でリリースされるカバーアルバム「Love Covers」には、宇多田ヒカルの「First Love」、中島美嘉の「愛してる」などJ-POPのヒット曲が収録されており、「Mステ」で彼の歌唱力に新鮮な衝撃を受けた新たなファン層も取り込むものと見られる。

これまで、コンサートのステージや音楽番組でJ-POPをカバーし、粘り強い話題性を維持しているキム・ジェジュン。

日本の歌手のヒット曲を歌うことで、既存のファンたちと共にシナジー(相乗)効果を巻き起こして新たなファンが流入し、現在では老若男女問わず幅広いファン層を確保し支持され続けている。

特にキム・ジェジュンのカバーアルバム「Love Covers」は、予約の段階からタワーレコードとHMVの予約ランキングで1位を席巻しただけに、リリース後にもツイッターなどのSNSや、各種音楽サイトのランキングで再び熱い反応を呼び起こすのではないかと耳目を集めている。


ジェジュンが歌う未来予想図Ⅱ(動画出典:Youtube Claudia_ KJJ 臺灣