歌手のキム・ジェジュンが「新型コロナに感染した」という度を越えたエイプリルフールのいたずらで周囲を驚かせたことにより、現在韓国のメディアから袋叩きにされているという。

日本では「嘘をつく子供」と紹介されたイソップ寓話がある。
「羊飼いと狼」「オオカミ少年」という別名でも有名な童話だ。

ある羊飼いの少年が、退屈しのぎに「狼が来た!」と嘘をついて騒ぎを起こす。
後に嘘と判明するが、少年が繰り返し同じ嘘をついたので、本当に狼が現れた時には大人たちは少年を信用せず、誰も助けに来なかったため、村の羊は全て狼に食べられてしまった..という内容だ。

世界の誰もが知るこの有名な童話を思い起こさせる出来事が、昨日(4月1日)に起こった。
歌手のキム・ジェジュン(以下、ジェジュン)が、度を越えたエイプリルフールのいたずらで、周囲を驚かせたのだ。

歌手 ジェジュン

エイプリルフールに度を越えたいらずらで、周囲を驚かせたジェジュン(画像出典:ジェジュンInstagram)

日韓両国で、トップアイドルとして君臨してきたジェジュンのいたずらにツイッターのトレンドは激しく揺れ、日韓のメディアはまんまと騙された。

自身のSNSに「新型コロナに感染した.. 現在入院中です..皆さんにとても会いたい」と切なく綴っていた現状が、後に「エイプリルフールの冗談」と’ネタバレ’された。
多くのファンは胸を撫でおろしたが、その一方で「正気なの?」「いたずらのネタが新型コロナなんて怒りを覚える」など、彼の言動を批判する反応も多くあがった。

そして、警鐘を鳴らすための’善意の嘘’という、彼の弁明にもかかわらず多くのメディアの袋叩きが既に始まっていた。

35歳の大の大人がやることか?

主に政治と経済を取り上げる韓国メディア’POLINEWS’は「キム・ジェジュン 年齢 35歳、インスタにコロナ嘘で批判集中」と題した記事を通じて、ジェジュンの愚かな嘘を指摘した。
同記事は、タイトルでも強調される通り’35歳という年齢’に相応しくないいたずらだと批判をしている。

韓国の有名放送局 MBCが運営するメディア’iMBC’は「’悪質’ キム・ジェジュン、コロナ19 エイプリルフール インスタ」という記事で「善良な影響力を利用して、大衆の警戒心を高めようとしたという言い訳だけ並べ立てたのだ。コロナ19感染により世界で4万人以上が死亡した。事態は現在も進行形で、コロナ19は世界中の人々に恐怖の対象になっている。外出を自粛し、社会的な距離を置くよう政府の指針もあった。彼の度を越えたいたずらは、大衆の怒りを買って当然」と、強い論調で批判した。

韓国の大手メディア 朝鮮日報はデジタル版を通じて「(警戒心を高めるためと言っているが)”コロナ19″に対する警戒心が最も足りないのは、キム·ジェジュンではないか。’警戒心を呼びかけるため’という書き込みが、むしろ人々の怒りを買っている。エイプリルフールの冗談では済まされない最悪の嘘をついたわけだ」と指摘した。

同誌は志村けんさんの死亡にも触れている。
「日本で活動中であるだけに、もっと慎重にならなければならない。日本の有名なコメディアン志村けんが’コロナ19’で死亡し、全国民を衝撃に陥れた。また日本各地でスポーツ選手などの著名人の感染事例が相次いで発生しており、多くの日本人が心配な一日を送っている中’警戒心’を論じながら、警戒心のない嘘をついたのだ」

他にも「キム・ジェジュン、コロナ19感染した エイプリルフール 処罰請願殺到(連合ニュース)」「’コロナ19深刻さを知ってもらうため..’キム・ジェジュンの言い訳に世論は冷ややか(NEWSPIM)」「キム・ジェジュンの卑怯な言い訳は続く..(スポーツソウル)」と、韓国各誌の批判に満ちた見出しが相次いでいる。

嘘をつくために日本に来たのか? 日本人の反応を紹介する記事も

前出のスポーツソウルは、別の記事でジェジュンの嘘を受け不快感を露わにした日本人の反応を紹介した。
スポーツソウルは「嘘をつくために日本に来たのか? キム・ジェジュン コロナ嘘 日本列島が激怒」と題した記事を通じて「日本のヤフーのニュースページには、ネットユーザーたちの怒りの書き込みが殺到し、日本の警察で徹底的に捜査しろと声を高めた。彼らは”日本に滞在中のようだが、彼の嘘を信じて消毒作業をした施設などは存在するはず.. 警察はきちんと捜査するべき”、”日本にいるということは、こいつのいた場所の消毒と接触者の隔離が必要だな。嘘かどうかは検査結果以外では判断できず.. 結果的に嘘だったら、逮捕·拘留しながらかかった費用や迷惑料は全てこいつに請求しろ!”などの反応を寄せている」と記載した。

同記事をみた韓国ネットユーザーからは「国の恥」「嫌韓派が食いつくような素晴らしい餌を上げてくれたね」「悔しいけど日本人が怒って当然」という意見が寄せられた。

セルフフェイクニュース? 処罰の可能性は?

もう一つ話題となったのは、キム・ジェジュンのSNS投稿が’フェイクニュース’に当たるかという点だ。

韓国の保健当局も新型コロナにまつわるエイプリルフールジョークに対して既に警告をしている。
新型コロナにまつわるエイプリルフールジョークが発覚した場合、5年以下の懲役刑もしくは1千万ウォン以下の罰金刑に処されると報道が出た矢先に、ジェジュンは嘘のSNSを発信したのだ。

青瓦台(大統領府)のホームページに設けられている’国民請願掲示板’には、ジェジュンを処罰してほしいという趣旨の請願が上がっている。

2003年に来日し、紆余曲折ありながらも地道な活動を経て、ようやく日本の地へ足をつけて精力的な活動を始動させたジェジュン。日本で嫌韓の声が強まる中、それでもファンが彼を応援し続けているのは、過去の誠実な日本活動の賜物なのだ。近年は音楽番組やバラエティー番組など地上波の出演を増やしながら、新たなファンも獲得していたはず。

彼の言い分も理解はできる、「どんな罰も受ける」と言っているのだからおそらく確信的意思もあるのだろう。しかし、だ。今回の限りで言えば「コレジャナイ感」なのだ。

日韓文化の懸け橋の貴重なパイオニアとして、順調な歩みを見せていただけに、今回の騒動は極めて残念でならない。いま一度、自身の影響力や想像力を働かせて生きてほしい。

JYJ

2010年、東方神起のメンバーであったキム・ジュンス、キム・ジェジュン、パク・ユチョンの3人により結成されデビューした。
グループ名は3人のメンバー、ジェジュン(Jaejoong)、ユチョン(Yuchun)、ジュンス(Junsu)の英語名頭文字をとってつけられた。

JYJ プロフィール&記事(165)

人気ニュース

JYJ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース