「PRODUCE X 101」「PRODUCE48」で順位操作が行われた、とアン・ジュニョンPDが証言し事実が明らかになったことにより、活動、グループの存続が危機的状況に陥っているX1(エックスワン)とIZ*ONE(アイズワン)。世間のみならず業界からも冷たい目を向けられている彼らの中には解散を望んでいる者もいるとの報道が行われ注目を集めている。

X1とIZ*ONEの今後に注目が集まっている。

多くの人気を集めてきたサバイバルオーディション番組「PRODUCEシリーズ」のアン・ジュニョンPD等の証言により明らかとなった、「PRODUCE X 101」、「PRODUCE48」での順位操作の事実。
当件が明らかになって以降、順位操作によりメンバー入りが決まったメンバーがいることが明らかになったX1(エックスワン / ハングル 엑스원)とIZ*ONE(アイズワン / ハングル 아이즈원)の活動は危機的状況にある。

グループの存続の可否に注目が集まっているX1とIZ*ONE

活動の存続が危機的状況にあるX1(上)とIZ*ONE(下)(出典:X1/IZ*ONE公式Twitter)

IZ*ONEは11月11日に新アルバム「BLOOM*IZ」でのカムバックを予定していたが当事件の影響により無期限延期に。
更にはカムバックショーケース、映画上映、番組放送などの予定も次々とキャンセルされている。

また、12月に日本で開催されるMAMAへの出演もX1、IZ*ONEともに行わない事が内部的に決定しているそうだ。

次々と活動がキャンセルされている状況で、世間からは彼らの解散を望む声が非常に多く聞かれている。
更には業界関係者等も彼らに対し厳しい目を向けているとのことで、とある関係者は「CJ ENM側が企業イメージとお金のどちらを選ぶかによって彼らの存続が決定するのではないか」との見解を語ったと韓国メディアの「ジョイニュース24」が報道した。

当メディア曰く、X1、IZ*ONEの各メンバーの所属事務所からも、“イメージが良くない状況下で活動を強行することは困難である”との理由からグループの解散を望む声が聞かれているとのこと。
また、世間からの批判を一気に浴びたメンバー達の精神的負担も大きく、一部のメンバーからは「これ以上グループ活動を続けられない」と解散を望む声が聞かれているという報道も行われている。

当報道が全て事実であれば、先日浮上したX1、IZ*ONEの解散説が事実となる可能性がないとは言い切れない状況となる。

「ジョイニュース24」が報じた情報によると、とある関係者は「CJ ENMが収益、利害関係のためにX1、IZ*ONEを手放すことが出来ないのならもっと大きな物を失っていないかをよく考えるべき」とも語っていたとのこと。

現時点でCJ ENMは少なくとも世間のみならず多方面からの信頼を大きく失っているであろう。