2015年にデビューして以降、多方面への高い実力で多くの人びとから注目され、多くの人気を得ている13人ボーイズグループのSEVENTEEN(セブンティーン/愛称 セブチ)。日本でも多くの人気を得ている彼らが来る2020年に日本でドームツアーを行うことが決定しファン達からは喜びと祝福の声が続々と聞かれている。

SEVENTEEN(セブンティーン/ハングル세븐틴)が日本でドームツアーを行う。

大きな人気を集めいることで知られる13人ボーイズグループのSEVENTEEN。
2015年に華々しくデビューした彼らは、ミュージカルを彷彿とさせるパフォーマンス、そして抜群の歌唱力と一糸乱れぬダンスで直ぐさま人々の目と心を捉えた。

また、彼らの代名詞の一つである「自主制作形アイドル」の名の通り、メンバー達自らが自身達の楽曲、振り付けの作成に携わっている事でも知られている彼ら。
多くの人に愛される音楽やパフォーマンスを披露するだけに止まらず、作ることができるというかれらのその幅広い実力は今や韓国内のみならず世界に知られ始めている。

現在はワールドツアーの真っ最中であり、先日11月9日には日本での公演を終えた彼ら。
日本公演が終了し早くまた彼らに会いたいと思っていたファン達も多くいたであろう中、過ぎた11月11日、SEVENTEENが所属するPledisエンターテイメントはビッグニュースを発表した。
そのビッグニュースというのが“SEVENTEENが2020年に日本でドームツアーを行う”というものであった。

2020年にドームツアーを行うことが決定したSEVENTEEN。

2020年、SEVENTEENが遂に夢のドームの舞台に立つ!!!(出典:SEVENTEEN日本公式Twitter)

日本で3大ドームと呼ばれる大阪の京セラドーム、福岡のヤフードーム、そして東京ドームで合計5回の公演を行うという彼ら。

京セラドームとヤフードームはおよそ3万6000人、東京ドームはおよそ5万5000人もの人数の収容が可能であり、これほど大きな会場で公演を行えるということは人気歌手の証であるといっても過言ではない。
過去にドームで公演を行ったK-POPアイドルには東方神起、BIGBANG、JYJ、BTS(防弾少年団)、TWICEがおり、SEVENTEENは彼らに続いて6番目に日本のドームの舞台に立つK-POPアイドルとなる。

日本デビュー2年目で彼らが手にしたドームツアーの快挙に対し韓国のファン達からは

「遂にドームに行くんだね!!本当におめでとう!!!」
「SEVENTEENがまた一つ夢を叶えた(涙)どこにいてもいつでも応援してるからね」
「静かに成長していくSEVENTEENが本当に素敵!ドームツアーおめでとう!!」
「東京ドームデ公演がしたいって言っていたのが昨日のことみたいなのに本当に実現するなんて誇らしいTT」
「いつも君たちの夢を応援しているよ!おめでとう!」

という夢を叶えた彼らへの祝福の言葉が非常に多く聞かれる事となった。

来年、大きな舞台で多くのファン達に会うことが出来るSEVENTEENのメンバー達。
当公演は彼らにとってもファンにとっても特別なものとなるであろう。