11月に明らかとなった「PRODUCE(プロデュース)シリーズ」で順位操作が行われていたという事実の影響により番組出演練習生、デビューを果たしたメンバー達には「操作」というイメージが色濃くついてしまっている。特にX1、IZ*ONEは実質的な活動中断状況に追い込まれているだけでなく、世間からの批判の矢面に立たされるという過酷な状態にいる。この状況に彼らのファン達は制作陣への大きな怒りを示している。

X1、IZ*ONEのファン達からの制作陣への怒りが高まっている。

11月に明らかになった「PRODUCE X 101」、「PRODUCE48」で順位操作が行われていたという事実。
当初、順位操作が行われていたのは上記の2番組だけであると番組演出担当のアン・ジュニョンPDにより証言されたが後にその証言は撤回されることに。

結局彼はI.O.I(アイオーアイ)、Wanna One(ワナワン)が誕生した「PRODUCE 101シーズン1/シーズン2」でも順位操作を行っていたという事実を認め、世間から驚きと怒りを呼んだ。

IZ*ONE、X1も騒動事件の被害者となっている事に怒りを示しているファン達

後に順位操作が行われていた事が発覚した「PRODUCE 101シリーズ1/2」から誕生したWanna One、I.O.I(出典:Wanna One/I.O.I公式Twitter)

 

そして現在、「PRODUCE X 101」から誕生したX1(エックスワン)、「PRODUCE48」から誕生したIZ*ONE(アイズワン)は事件の影響のため実質的な活動中断状況に追い込まれるという被害が発生。
また、これまで「PRODUCEシリーズ」に練習生として出演していた者達にも「操作」という印象が深く根付いてしまうという影響も及んでいる。

特にIZ*ONE、X1メンバー達に対する「操作」というイメージは強いようで、ネット上では当ワードを用いた彼らへの悪質コメントが非常に多く見られるここととなっている。

IZ*ONE、X1も騒動事件の被害者となっている事に怒りを示しているファン達

事件の影響が大きく及んでいるX1とIZ*ONEのメンバー達…(出典:X1/IZ*ONE公式Twitter)

このように今回の事件により世間からの冷たい目を向けられている上に、活動が出来ないという状況に置かれているIZ*ONE、X1のメンバー達。
これからが期待されていた彼らにとって、現時点で活動が出来ないという状況はかなり大きな痛手となった事が想像に容易い。

また、彼らには多くの人びとから解散を望む声も上がると同時に、操作によりメンバー入りしたメンバーを特定しようとする動きも多く見られている。
仮に彼らが解散の道を歩むこととなったとしても、このような動きやメンバー達に対する世間の冷たい視線を断ち切ることは容易ではないであろう。

今回の事件でやり玉に挙げられてしまったといっても過言ではないX1、IZ*ONEのメンバー達。
ファン達は彼らをこのような状況に追い込み、実際に操作を行っていた番組制作側への大きな怒りを示している。

その怒りは形となり、現在X1のファン達はMnet側に「グループを解散させず、正当な活動の保障」を要求。
また、IZ*ONEのファン連合も「IZ*ONE活動支持声明書」を発表している。

「PRODUCEシリーズ」に出演し、操作によりデビューの夢を断ち切られた練習生達ももちろん今回の事件の被害者だ。
だが、デビューという夢をつかみはした物の、大人達により、今後の未来に陰りを落とされたX1、IZ*ONEのメンバー達も今回の事件の被害者であろう。