1月12日、IU(アイユー)の所属事務所は公式SNSを通して「悪質な書き込みなどに対して、善処のない強力な法的対応を講じている」と伝えた。深刻な誹謗中傷は、人気女性芸能人に対する妬みなのか? その真相を探る。

日韓で大人気を博しているIU(アイユー)。

韓国国内におけるアーティストとしての人気は、あのBTS(防弾少年団)にも匹敵しており、女優としての名声と実力は、日本の巨匠、是枝裕和監督も絶賛するほど。

IU(アイユー)

韓国芸能界が誇るNO.1女性芸能人のIU(アイユー)(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

そんな韓国芸能界が誇る、NO.1女性芸能人のIUが、無差別な誹謗中傷に遭っている事をご存じだろうか。

人気女性芸能人に対するファンの妬みは、”世界共通”ではあるものの、深刻な誹謗中傷の背景には「かわいいから」「男性アイドルに人気があるから」といった単純なものとは、異なる性質を持つ。

IUに対するネットの誹謗中傷

その発端は、7年前のある騒動だった。

去る1月12日、IUが所属しているEDAMエンターテインメント(以下、EDAM)は、公式SNSを通して「悪質な書き込みなどに対し、善処のない強力な法的対応を講じている。我々は、ファンからの情報提供を綿密に確認しており、これらをベースに証拠を収集し、法律事務所と告訴を進めている」と伝えた。

また「これ以上、アーティストとファンが傷つくことがないよう、悪質な書き込みの根絶に励んでいく」と付け加えている。

韓国だけでなく、ここ日本でも複数のメディアがこの事案を報じているが、「IUに対して、なぜ、どのような誹謗中傷を」という真相にまでは触れてはいない。

多くの日本ファンは、粗雑なグッズに対するファンの批判に起因したものだと推測しがちだが、実はIUに付きまとう批判の本質は、グッズなんかではない。7年もの間、ずっと引きずられている、ある騒動にまつわる議論が、彼女を苦しめているのだ。

誹謗中傷の背景にある”ロリコン議論”とは

その議論とは、”*ロリコン議論”。

*ロリコン:ロリータ・コンプレックス(Lolita Complex)の略語で、幼い少女に対する恋愛感情や本能的な愛欲を意味する。

ではなぜ、IUに”ロリコン議論”が浮上したのか。

それは、彼女の4枚目のミニアルバム『CHAT-SHIRE』がリリースされた2015年に遡る。

当時、同アルバムのタイトル曲『Twenty Three(23)』のミュージックビデオでIUは、哺乳瓶を口にくわえたり、哺乳瓶の中に入っていた牛乳をこぼすシーンが登場する。

このMVを見た韓国のネットユーザーは、「コンセプトが、ロリコンを連想させる」と非難。

発表当初は、男性ネットユーザーの”性的ジョーク”として笑いのネタになっていたが、女性ネットユーザーが加わり、「男性の性的ファンタジーを満足させるために、過度なコンセプトを試みている」と、オンラインコミュニティーを中心に糾弾の声が高まっていく。

「”哺乳瓶”だけでロリコンなのか?」と、首をひねる人がいるかもしれないが、IUに批判的なネットユーザーは、その根拠として・倒れた花瓶から白い液体が流れる・ティーザーイメージに写っている書籍のタイトル--Delicate(弱い、繊細な)-*LEON(レオン)-Discipline(しつけ)が「ロリコンイメージを助長する」と主張。

*LEON:1994年に公開されたフランス映画。世界的にヒットした名作だが、ロリコン議論はいまだに絶えない。

正当な批判 VS 明白な名誉棄損

“ロリコン”というキーワードは、IUを攻撃するネタとして、7年が経った今も健在のようだ。

議論が勃発した2015年当時、IU側は韓国ネットの批判を真摯に受け止めるとともに、謝罪の意を公式的に発表。もちろん「ロリコンをコンセプトにした」という議論に対しては、強く否定している。

そしてそれと同時に、ミュージックビデオやティーザーイメージを”性的なもの”とこじ付けるネットの動きには遺憾を表明し、IUへの攻撃を直ちに中止するよう訴えた。

IU "ロリコン議論"

2015年に勃発した”ロリコン議論”は今もIUを苦しめている‥(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

韓国ネットでは「IUへの問題提起が正当な批判なのか、それとも明白な名誉棄損なのか」と、さらなる議論へと発展しそうな様相を見せ、すでに”第2ラウンド”のゴングが鳴ろうとしている。

韓国の法律専門家たちは「個人の意見を発信する行為(批判)を、国家の法律で裁くことはできない。しかし、社会通念上”IUが金儲けのためロリコンイメージを商品として売った”という意見を、インターネット上に掲載する行為は、明らかに名誉棄損に当たる」と、正当な批判よりも名誉棄損に重きを置くような解釈をしている。

***

今回IU側が、ネット上での被害を訴えているのは、過去の”ロリコン論争”だけではない。

しかしIUにとって、2015年の”ロリコン議論”は、厄払いの効かない”亡霊”となり、7年経った今も彼女を苦しめているのだ。

女性アーティストにとって、致命傷ともなりかねない「性的コンセプトを売りにした」という酷評とともに‥。


IU(アイユー)『Twenty Three』MV(動画出典:Youtube 1theK)




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

IU 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース