これまで数々の問題発言と暴露によって、多くの芸能人たちを攻撃してきたハン・ソヒ。各種論議の中心に立った彼女がYouTube(ユーチューブ)を開設し、ネットユーザーの関心を集めている状況だ。

アイドル練習生出身で、芸能界きってのイシューメイカーだと言われているハン・ソヒが、YouTuber(ユーチューバー)として帰ってきた。

2月6日、ハン・ソヒはYouTube(ユーチューブ)チャンネル”*ソヒコパス”にティーザー映像を掲載。映像の説明には「世の中を騒がせた悪女が、眠りから覚めて再び外の世界に出てきた」と書かれており、今後のコンテンツを予告している。

*ソヒコパス‥ハン・ソヒの名前にサイコパスを合わせた名前。

YouTubeチャンネルを開設したハンソヒ

ハン・ソヒがYouTubeチャンネルを開設(画像出典:서히코패스 Youtube)

公開された映像でハン・ソヒは、笑みを浮かべながら「私を知らない人がいる? 悪名高い私を?」とし、「私の本当の姿? 私も知らない。人々は誰でも関心を受けたがる。だからやりたかった、YouTubeを‥」とコメント。

続けて、”麻薬”、”同性”、”YG”と言及し、「久しぶりに近況を伝えますが、見たい人は見ればいいし、見たくない人は見なくても構いません。私は元気に過ごしています」とし、スタッフから「チャンネル登録と高評価お願いしますと言ってみては?」と尋ねられると、ハン・ソヒは、「嫌。マジで嫌。すでに疲れる。ゾッとする」と明かした。

ハン・ソヒは、これまで数々の問題発言と暴露によって、多くの芸能人たちを攻撃し、各種論議の中心に立った人物である。そのため、彼女のYouTube開設にネットユーザーの関心が高まっている状況だ。

ハン・ソヒ、これまでの悪行

1995年生まれ、今年25歳のハン・ソヒは、2013年に放送されたMBCオーディション番組『偉大な誕生3』を通じて名前を知らせたのち、YGエンターテインメント(以下、YG)の練習生になった。

しかし、その後、SNSを通じて数多くの論議を呼ぶことに――。

これまで行ってきたハンソヒの悪行

ハン・ソヒがこれまで行ってきた悪行とは(画像出典:서히코패스 Youtube)

2016年、BIGBANG(ビッグバン)のT.O.Pと大麻吸引疑惑で立件され、懲役3年・執行猶予4年、保護観察120時間の判決が下される。

2017年、俳優ユ・アインとSNSを通じて”フェミニスト”について舌戦。

2019年、iKON(アイコン)出身B.Iの薬物疑惑の暴露とともに、ヤン・ヒョンソク元YG代表の脅迫疑惑を暴露。

2019年、MONSTA X(モンスタエックス)メンバーのプライベートを暴露。

その他にも、自身のインスタグラムストーリーに歌手で俳優のキム・ジェジュンが閲覧に来たことを指摘、BTS(防弾少年団)のV(ブイ)をクラブで見たと主張したがその後釈明、俳優リュ・ジュンヨルの真似をして容姿を嘲笑い、コメディーTV『オルチャン時代』出身チョン・ダウンとの同性愛を告白して衝撃を抱かせた。

(関連記事)ハン・ソヒを警戒せよ! 韓国トップアイドルを脱退に追い込む時限爆弾(まとめ)

*****

昨年、ハン・ソヒはパートナーであるチョン・ダウンから暴行を受け「殺されそうになった」と衝撃的な発言をしたのち、突然SNSを閉鎖。8月には、執行猶予期間中に麻薬を投与した容疑で立件されたが、毛髪検査で陰性判定を受けて釈放された。

このように、多くの物議を醸してきたハン・ソヒがインスタグラムやツイッターなどのSNSではなく、自身の意見を切り取られずに伝えられるYoutubeを通じてどのような波紋を起こすのか、芸能界が緊張感に包まれている。

“ソヒコパス”は、2月9日16時に公開される予定だ。



最新ニュース

おすすめニュース