3月1日(火)発売の『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン発行)の最新号では、韓国発のボーイズグループBTSが登場。7人が語る「いまの僕」とは? それぞれの日常や喜び、葛藤などBTSの現在地に迫る。

3月1日(火)発売の『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン発行)の最新号では、韓国発のボーイズグループBTS(防弾少年団)が登場。

BTS『GQ JAPAN』2022年4月号の表紙を飾る

『GQ JAPAN』2022年4月号の表紙を飾るBTS。(Photographed by Kang Hyea W. (C) 2022 Condé Nast Japan. All rights reserved.)

2013年にデビューして以来、 韓国やアジアのみならず世界を魅了する7人が語る「いまの僕」とは?

それぞれの日常や喜び、葛藤などBTSの現在地に迫る。

発売後、即完売となった韓国版『GQ』2022年1月号のジャパンエディションとなるカバーストーリーは必読・必見!

【COVER STORY】BTS Special
世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

2013年にデビューし、今や世界のハートを鷲掴みにしているBTS。2021年10月に韓国版『GQ』が、コロナ禍で約2年ぶりとなったオフライン・コンサートに向けて準備をするメンバーたちに話を訊いた。

“交流キング”というニックネームを持つメンバーV(ブイ)は、コロナ禍でのファンとの交流を振り返り、「自分が生きていると感じるために必要なほど、オンラインでの交流は重要でした」と語る。交流の機会が減り、混乱した時期でも、ファンからの心のこもったメッセージを一つひとつ読み、心の支えにしていたことを明かした。

ドキュメンタリー映画『BREAK THE SILENCE: THE MOVIE(2020)』で自分の恐れについて告白したメンバーRMは、自らの恐れを認識し、共有することの重要性について「現在進行中のジレンマ」であると、ファンとの関係性にふれながら赤裸々に話した。

BTSメンバーの普段見られない一面を、日本語で記録したインタビューは必読だ。

特集は『アート+ファッション』、毎年一度アートとファッションがぶつかり合う一週間のハイ・カルチャーな白熱イベント『マイアミ・アート・ウィーク』に集結したカリスマたちをはじめ、ファッションの“いま”を創り出すアーティストたちが登場。

また、この夏に米・ニューヨークで開催される、昨年急逝したヴァージル・アブローの回顧展をキュレーションしたアントワン・サージェントが、アブローがこの世に残したレガシーや裏話などを綴った。

そのほか、菅田将暉やAwichへのスペシャルなインタビューなど、盛りだくさんの内容でお届けする。

▼GQ JAPANウェブサイト:https://gqjapan.jp




BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2751)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs