去る1月1日に配信された『SMTOWN LIVE 2022: SMCU [email protected]』で、初披露となったSMエンターテインメント所属の女性新ユニット、GOT the beat。攻撃的なヒップホップをベースに、強烈なサウンドを放つ新曲『Step Back』だが、歌詞が「ダサくて時代遅れ」という指摘に直面している。

昨年12月27日、SMエンターテインメント(以下、SM)が公開した”プロジェクト- Girls on TOP”。

SMエンターテインメントの新たなプロジェクト、”Girls on TOP”(画像出典:Girls On Top公式Facebook)

去る1月1日に配信されたコンサート『SMTOWN LIVE 2022: SMCU [email protected]』では、同プロジェクトのトップバッター(ユニット)であるGOT the beatのステージが披露され、世界のK-POPファンを熱狂させた。

GOT the beat、K-POPの女性アベンジャーズが誕生!

GOT the beatとしてステージに上がったメンバーの面々を見ると、BoA、テヨンとヒョヨン(少女時代)、スルギとウェンディ(Red Velvet)、カリナとウィンター(aespa)と、K-POPシーンを語るには欠かせない豪華すぎる女性アーティストばかり。既に人々は、この7人を”K-POPの女性アベンジャーズ”と称している。

K-POPの女性アベンジャーズと称されているGOT the beat

“K-POPの女性アベンジャーズ”と称されているGOT the beat。(画像出典:Girls On Top公式Facebook)

この日、GOT the beatが披露した楽曲は『Step Back』。”SMサウンドの父”と呼ばれるユ・ヨンジンや、数々の人気アイドルのヒット曲を手掛けたライアン・S・ジューンに加え、海外の有名作曲家たちが参加して作りあげた同曲は、異議なしの”絶品”そのものだ。

攻撃的なヒップホップをベースに、強烈なサウンドを放ち、ベテラン-中堅-新鋭のボーカルとダンスのハーモニーは、まるで数年間一緒に準備してきたような高い完成度を誇る。

しかし、GOT the beatと『Step Back』に寄せられたファンの声は、称賛ばかりではない。一部のファンからは「歌詞がダサい」「時代遅れ」という、酷評も聞こえている。

問題の歌詞を見てみると‥

K-POPファンが問題視している歌詞(韓国語歌詞を直訳)は、

  • どこをチラチラ見てるのよ(어델 어델 봐)
  • よくも私を追い抜いたわね(누구라고 날 제껴)
  • 黙ったほうがいいよ(입 닫는 게 좋을 걸)
  • 嫌なら、かかってきてごらん(아님 어디 한번 기어 올라와 보던가)
  • 適度に色目をあなたが使ってたんでしょう(엔간히 끼를 좀 끼를 좀 끼를 좀 네가 부렸겠니)

である。

では、この歌詞のどこが”ダサくて時代遅れ”と、ファンは反発しているのだろうか。

それは、歌詞全般が「理性(男性)を巡って女性が女性を見下したり、優越感を誇示している」と、現代を生きる”理想の女性像”に合っておらず、女性ファンに多大な不快感を与える内容であるためだという。

加えて、女性ファンをさらに躍起にさせた歌詞は他にもある。

  • 男性って皆一緒よ(남자들 다 똑같아)
  • 私が現れたら視線集中(내가 뜨면 시선집중)
  • あちこちでフラッシュの洗礼(여기저기 플래시 터져)

すなわち”価値ある女性”の基準は、世の男性の視線を奪い、あちこちから写真を撮られる女性という表現が「男性中心であり、時代遅れである」と、糾弾しているのだ。

*****

“プロジェクト- Girls on TOP”ローンチに先立ち、”主体的に生きる女性”というコンセプトを打ち立てたSM。『SMTOWN LIVE 2022: SMCU [email protected]』での初披露の前には「世の女性のために、7人のアーティストが集まった」「いつも堂々と、自信を持って生きる女性たちに捧げる」という”公言”があった。

しかし、GOT the beatが歌った”主体的に生きる女性”は、好きな男性が他の女性に奪われないために、相手の女性を侮辱したり、挑発を繰り返す”短絡的思考”を持つ女性にしか見えないのだ。

特に、フェミニズムに関しては”世界一うるさい国”である韓国で「議論の余地を事前に防げる方法はなかったのか?」という疑問が頭をよぎってしまう。

GOT the beat 『Step Back』 Stage Video(動画出典:YouTube Girls On Top)









この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs