5月18日、Source Musicは「当社の所属アーティストであるGFRIENDとの専属契約が、5月22日に終了する」と公式立場を明かした。「GFRIENDと当社は長く深く悩み、議論の末、それぞれの道でより良い姿をお見せするという意見で一致した」と説明している(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

「我々が夢見ていた少女たち」

2015年でデビューしたGFRIEND(ジーフレンド)のコンセプトであり、キャッチフレーズでもある。

清純とクラシックを融合した女性アイドルを目指し、ひたすら走ってきた”ヨチン”GFRIENDの解散は、ファンの間に動揺が走った。これまで以上に、これからもたくさんの応援を約束していたファンも、急ブレーキをかけられてしまったのだ。その心境は、SNSやオンラインコミュニティーで溢れており、GFRIENDのファンではない人から同情の声が上がっているほど。

ファンの「いきなり、なぜ?」は、解散発表(正式には契約終了)が発表された昨日(5月18日)から、一夜明けた今日まで続いており、ついにBUDDY(ファンクラブ名)が、声明文を発表する事態に発展。その声明文は、抗議の内容というより、”謎の解明”を要求するような内容に満ちている。

GFRIEND

突然の事務所契約満了が報じられたGFRIEND。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

契約終了の4日前に告知?

まず、ファンは不透明な”契約期間”を指摘している。

「GFRIENDの公式デビュー日は1月16日であるが、デビューの延期などが重なり、(ファンは)再契約日すら知らない状態。そんなファンに(不明確な契約終了日の)4日前に一方的に告知するのか?」(声明文)

契約期間は、単純に契約書上の決まり、もしくは所属事務所とアーティスト相互の持つ事務的な関係だけではない。ファンにとっては”応援の歴史”であるのだ。にもかかわらず、GFRIENDのファンは契約期間も知らされておらず、晴天の霹靂のような契約終了の通知を受けたのである。

契約終了8時間前にWeverseでファンと疎通?

契約終了の発表が行われる1日前に、G-ING(VLOG)がアップロードされたという点にも、ファンは首をかしげる。

「しかも、メンバーのオムジは、V LIVEを通してファンとコミュニケーションを取っていた。SOURCE MUSIC(ソースミュージック/所属事務所)により、当日スケジュールもアップロードされていたが、契約終了の告知がなされた後、削除されている」(声明文)

未完了のスケジュールが残っている?

メンバー、ユジュの『ハーレクイン(映像コンテンツ)』は、まだ2回しか公開されていない。これに対して多くのユーザーが、今回の契約終了が突然決まってたのではないかと疑念を抱いている。

「ユジュの『ハーレクイン』の2ラウンドの最後に”To be Contunued(つづく)”」と記されている。これは次回の動画があるということだ。そしてイェリンは来る30日に『ビューティータイム シーズン3』が放送される予定」(声明文)

契約終了記事が、オフィシャルより5分早く上がった?

ファンは、韓国メディアの報道が5分早かったことに対しても、疑いを強めている。

最初の記事が公開された時刻が、18日の午前11時46分である一方、SOURCE MUSICの公式発表は、同日午前11時51分にアップロードされている。

ファンサイン会は?

「(様々な事情などにより)延期となったファンサイン会を粛々と待っていたファンにとって、戻ってきた回答が”契約解除”」(声明文)

ファンは、延期となったサイン会や、有料メンバーシップの残存期間も問題視している。

***

現在、韓国ネットでは、所属事務所であるSOURCE MUSICに対し、”誠意のなさ”を指摘するとともに、有料メンバーシップの会費問題を糾弾している。ファンによる、更なる団体行動を呼びかける意見も増え出している状況だ。







この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs