韓国のマスコミ・CHANNEL Aの’ニュースA’が、韓国の税務当局がD-LITEに地方税の追加納付通知を送ったと報道すると共に、D-LITEが所有中のビルを担保に消費者金融業者から52億ウォンを借りた事実も報道した。

人気グループ・BIGBANG(ビックバン)のD-LITE(韓国活動名 テソン)が、10億ウォンを超える税金請求を受けた上、自身所有のビルを担保に消費者金融業者から借りた50億ウォン以上の負債を抱えているという報道が出た。

BIGBANG D-LITEが多額の税金と50億ウォンを超える借金を抱えていると報道された(画像出典:チャンネルA動画キャプチャー)

11月20日、韓国マスコミ・CHANNEL Aの’ニュースA’は、韓国の税務当局が最近、8階建ての建物の所有主であるD-LITEに地方税の追加納付通知を送ったと伝えた。

税務当局は、D-LITEが過ぎた2017年に建物を買収した後納付した取得税と財産税が、’一般飲食店入居’を基準に課せられたため、脱税された税金があるとの見解を示した。 D-LITEに追加で請求された地方税重課税分は約12億ウォンに上るという。

先立ってD-LITE所有の建物の地下1階と地上5~8階に風俗店が入店、営業したことが明らかになり議論が起きた。
今回の件と関連し、D-LITE側は「風俗店の運営していたことを知らなかった」と釈明したが、韓国の税務当局は「重課税請求はこれとは関係ない」という立場だ。

当建物に入居していた風俗店は、現在すべて廃業し、内部のリモデリング工事を行っているという。

(関連記事)D-LITE(BIGBANG) 不法営業の建物撤去.. 売春特別法により処罰の可能性も

これと共に’ニュースA’はD-LITEが、所有中のビルを担保に消費者金融業者から52億ウォンを借りた事実も報道した。

当報道によると、D-LITEは過去(2017年)310億ウォンを渡して建物を購入した際、銀行から融資を受けたが、資金回転が思わしくできず、資金調達に困っていたようだ。
‘ニュースA’は、D-LITEが消費者金融業者から借りたお金は、銀行融資返済のために使われたものに見られると伝えた。

一方、韓国警察は10日、除隊したD-LITEを召喚して風俗店の不法営業事実を知りながらも幇助(ほうじょ)したかを調査する計画と明らかにした。


D-LITEが10億ウォンを超える税金と50億ウォン以上の借金を抱えていると報道したニュースA(動画出典:채널A 뉴스

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BIGBANG 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース