新大久保に行くなら必須クーポン! 各種料理の割引クーポンから一品サービスクーポンまで! 今すぐチェックする人はこちら

バンタンの愛称で親しまれているBTS(防弾少年団)が、日本のシングル アルバムで「ミリオン認定」を受け、海外アーティストとして初の快挙を成し遂げた。

K-POPボーイズグループBTS(防弾少年団)が、日本シングル アルバム部門で初のミリオン認定を受けた。

bts バンタン 防弾少年団

日本での人気を改めて証明したBTS(防弾少年団)(画像出典:BTS official Twitter)

日本レコード協会が8月9日に発表した「ゴールド・ディスク認定作品」によると、7月にリリースされたBTSの10枚目のシングル「Lights / Boy With Luv」は100万枚以上の出荷を記録して「ミリオン認定」を取得した。

これでBTSは、海外アーティストとして初めてシングルで「ミリオン」認定を受け、記念すべきアーティストとなった。

スマートフォンの普及でデジタル化が進む中、アルバムの出荷数で「ミリオン認定」を記録することは、大変喜ばしい結果ではないだろうか。

BTSは、これまで7枚目のシングル「血、汗、涙」でプラチナムを取得し、8枚目のシングル「MIC Drop / DNA / Crystal Snow」、日本フル3集「FACE YOURSELF」、9枚目のシングル「FAKE LOVE / Airplane pt.2」で通算3度の「ダブル プラチナム」認定を受けたことがある。

日本レコード協会は、毎月アルバムの累積出荷量によりゴールド(10万枚以上)、プラチナム(25万枚以上)、ダブルプラチナム(50万枚以上)、トリプルプラチナム(75万枚以上)、ミリオン(100万枚以上)で分類している。

BTSの「Lights / Boy With Luv」は、希望のメッセージが込められた前向きな歌詞と美しいメロディーが印象的な日本オリジナル楽曲「Lights」に加え、世界的に人気を博した「Boy With Luv」と「IDOL」の日本語バージョンなど計3曲が収録されている。

該当アルバムは、リリース直後7日連続で日本オリコン デイリー シングル チャートで1位を記録したことがあり、日本国内でのBTSの圧倒的な存在感を証明した。

7月にワールドスタジアムツアー「LOVE YOURSELF : SPEAK YOURSELF」の一環で日本ツアーを開催したBTSは、10月にはサウジアラビア・リヤドと韓国・ソウルでの公演も追加され、引き続き活動を継続していく予定だ。