BTS(防弾少年団)の末っ子メンバー、ジョングクがアメリカの週刊誌『ピープル』で’2020年の最もセクシーなインターナショナル男性’に選出されたという。

BTSが世界に認められたのは、楽曲だけではなかったようだ。

セクシー全開なジョングク‥。

ジョングクのセクシーさが世界に知れ渡りました。(画像出典:BTS 公式Instagram)

メンバーのジョングクが、アメリカで発行されている週刊誌『ピープル』が選出する「最もセクシーなナショナル男(Sexiest International Man)」に選ばれたことが発表された。

本誌は9万人もの読者がおり、アメリカで2番目に大きい雑誌社から発行されている大衆誌で、そんな老舗雑誌の企画候補に、東洋人が選ばれたのは初めてとのこと。さらに頂点に立った事は、BTSがアメリカで絶大な人気を誇っていることを証明する形となった。

過去には毎年「最もセクシーな男(Sexiest Man Alive)」が選出されており、第1回の受賞者は当時29歳だったメル・ギブソンだ。その後、ショーン・コネリー、トム・クルーズ、リチャード・ギア、ブラッド・ピット、デビッドベッカムなど、錚々たる著名人が受賞している。

また同じ企画内で「最も美しい100人」も毎年発表されており、こちらは石原さとみや小松奈々など、日本人もランクインしていることでよく知られている。

ジョングクは以前も、アメリカメディア『ガジェット・レビュー』の「世界一のイケメン10人」で唯一のアジア人としてランクイン、TCキャンドラー·アジア太平洋が主催する『2018年 アジア―太平洋のイケメン』で2位を獲得、2019年にもTCキャンドラーの選ぶ「世界一のイケメン」として指名されており、様々なコンテストでイケメンの称号を欲しいままにしている。

思わず見とれる美しさですね。

顔も雰囲気も、思わず見とれる美しさ!(画像出典:BTS 公式Instagram)

9月1日に誕生日を迎え、同日に『Dynamite』のビルボード”HOT100″で1位の知らせを受けたジョングク。

そして今日11月20日は、BTSのニューアルバム『BE(Deluxe Edition)』のリリース日だ。『Dynamite』と同様、コロナ禍を生きる人々への慰めと希望を込めた作品に仕上がっているという。

新たな楽曲でBTSの、そしてジョングクの歌声が、再び世界に癒しを与えてくれそうだ。

(関連動画)BTS待望のカムバック! タイトル曲 ‘Life Goes On’ MVを公開



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースによって誕生した。
BigHitエンターテインメントに所属している。
デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。
グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。
ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1110)