ハン・ヒョジュとイ・スンギが主演を務めたドラマ『華麗なる遺産』で、ひと際光る演技を披露していた子役のヨン・ジュンソク。彼は今、韓国演劇界の次世代スターとして注目を集めている。

ハン・ヒョジュとイ・スンギが主演を務めたドラマ『華麗なる遺産』。
本作は、食品会社の御曹司ファン(イ・スンギ)と、さまざまな悲劇に見舞われ、天涯孤独となってしまった元社長令嬢ウンソン(ハン・ヒョジュ)が偶然に出会ったことから描かれる、愛と笑いに包まれた感動ラブストーリーだ。

イ・スンギ、ハン・ヒョジュ主演のドラマ『華麗なる遺産』

SBSドラマ『華麗なる遺産』(画像出典:SBS)

遺産相続の企みに巻き込まれながらも、運命を切り開いていく主人公の前向きな姿と、若者たちの恋愛や成長、家族の絆が爽やかに描かれている。初回視聴率は16%台であったが、後半に入ってからは視聴率40%を超え、最終話では45.2%という記録的な数字を記録し、2009年度の最高ドラマとして位置づけられた。

また、ハン・ヒョジュとイ・スンギの抜群のケミは社会現象を巻き起こすほどの人気を博し、11年経った今でもドラマファンの心に鮮やかに記憶されている。

主演の好演が称賛を浴びる中、彼らをさらに輝かせる演技を披露した名脇役がいた。
それはハン・ヒョジュ扮するコ・ウンソンの弟、サヴァン症候群のコ・ウヌ役を演じた子役のヨン・ジュンソクだ。

コ・ウヌ役を演じたヨン・ジュンソク

ハン・ヒョジュが演じるコ・ウンソンの弟、コ・ウヌ役を演じたヨン・ジュンソク(画像出典:SBS Catch YouTube動画キャプチャー)

成人した俳優でも演じるのが難しいと言われるサヴァン症候群の役柄を、子役とは思えぬ説得力のある演技で披露。彼の優れた演技力はたちまち話題となり、子役にして”実力派俳優”との高い呼び声とともに多くの注目を浴びた。

その後、学業に集中しながら演技活動を持続し、2013年にドラマ『サメ ~愛の黙示録~』に出演。
キム・ナムギル扮するハン・イスの少年期を演じ、チョ・ヘウ(ソン・イェジン)の子役キョン・スジンとの叶えられない切ない愛や、父親の死を明らかにするため復讐を誓うなどの迫真の演技で、ストーリーを導いていく活躍を見せた。彼はこの作品で、同年の『KBS演技大賞』で青少年演技賞を受賞している。

ヨン・ジュンソク

ドラマ『MY STRANGE HERO ~ボクスが帰ってきた』に出演時のヨン・ジュンソク(画像出典:SBS)

ヨン・ジュンソク

ヨン・ジュンソク(画像出典:namu.wiki)

『華麗なる遺産』の撮影当時13歳だった彼は、現在24歳となった。あどけなさが残る少年はしっかりと成長し、大人の男性として優れたビジュアルを誇っている。

現在は成人した俳優としての変身のため、様々な作品で助演として活動中だ。ドラマ『MY STRANGE HERO ~ボクスが帰ってきた』や演劇『アナザー・カントリー』などに出演し、精力的に演技力を磨いている。

どのような役柄でも、視聴者に没入感を与えるほどの優れた演技を披露する彼は、次回作でどのような世界を披露してくれるのだろうか。
今後、ドラマや映画で活躍していく彼の姿が楽しみでならない。