BTS(防弾少年団)の公式Facebookが、4月27日に2020年の『G.C.FinHelsinkiビハインド』映像を公開した。この映像では、“ジョングク監督”がメンバーを撮影するために奔走している姿が映っている。これにはFacebook公式が絶賛のコメントを寄せ、話題を呼んでいる。

BTS(防弾少年団)の公式フェイスブックが、ジョングク監督による2020年に訪れたヘルシンキの撮影ビハインド映像を公開し、話題を集めている。

ジョングクが全てを手掛ける“G.C.F”ビハインドが公開された

ジョングクが全てを手掛ける“G.C.F”ビハインドが公開され、絶賛されている。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

4月27日、フェイスブック内のBANGTAN.zipに『G.C.F in Helsinki ビハインド』というタイトルで映像がアップロードされた。

ここでは、2020年に発売されたDVD『BTS WINTER PACKAGE』に収められている、ヘルシンキを訪れたBTSメンバーの姿が。

そして、DVDのコンテンツ撮影の合間を縫って、ジョングクは”グク監督”に変身し、カメラを手に奔走。雨が降っていようが、お構いなしにメンバー一人一人にカメラを構えている。

彼の撮影したこの本編映像は、2020年に公式YouTube(ユーチューブ)のBANGTANTVで『G.C.F in Helsinki』というタイトルで公開されている。

G.C.F in Helsinki

この“G.C.F”とは、ゴールデン・クローゼットフィルム(Golden Closet Film)の略であり、ジョングクが撮影から編集まで全てを自身の手で行っているオリジナルコンテンツシリーズだ。

映像編集を独学で習得したという映像は、モノクロやスローモーションが組み込まれるなど、プロ顔負けのクオリティーを誇っている。また、彼の映像に載せられたBGMにも、毎回注目が集まっている。

現在7本公開されており、1本を除く全ての映像が旅先での姿を切り取ったものだ。

メンバーも積極的に撮影に協力し、時折りふざけてじゃれ合う様子を見せるも、そのほとんどが思わず見惚れてしまう、メンバーの静かな佇まいである。

このビハインド映像に、フェイスブックアプリが反応。「Jungkook best photographer」と、ジョングクの才能と情熱を絶賛している。

モデルになったり撮影監督になったり奔走したジョングク

モデルになったり撮影監督になったり奔走したBTSジョングクをFacebookアプリが絶賛!(画像出典:BTS 公式Facebook)

そしてこのコメントに、ファンが「本当にその通り!」「多才で多能なジョングク」「完ぺきなアイドルだね」などと後に続いた。

ジョングクは過去に「G.C.Fでミュージックビデオを撮ってみたい」と明かしており、それが実現される日が来るのを、音楽ファンは心待ちにしている。

BANGTAN.zip『G.C.F in Helsinki ビハインド』映像を見る(外部リンク)






BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2759)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs