最近、BTS(防弾少年団)ジミンが、アメリカのテキサス州にある学校で行われたスペイン語の授業に“教材”として登場したことがSNSで拡散された。そしてここ日本でも、NHKの韓国語教材に2年連続で”ジミンさん”が登場。“アミさん”と新たな出会いを演出している。

BTS(防弾少年団)ジミンと思われる名が、NHKのハングル講座の教科書に2年連続で登場した。

『ラジオ まいにちハングル講座』に登場するジミン。

『ラジオ まいにちハングル講座』の主要人物として登場するジミン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

NHK出版より発行されている『ラジオ まいにちハングル講座』の公式サイトによると、スキットは、日本人女性が韓国でハングルを学び、K-POPオーディションに挑戦する物語だという。

9月までの半年間、このストーリーの中で韓国デビューを目指す女性の名はなんと“アミ”。アミが韓国で”ジミン”と出会い、会話が展開されていくのだ。

アミと言えば、BTSのファン名称ARMYを指しているのだろう。

また、メンバーの中でジミンの名が唯一登場していることで、再び彼の人気の高さを証明している。

彼は2021年12月、こちらもNHK出版から出ている教科書『ステップアップ ハングル講座』で、慶尚道(キョンサンド)出身の代表として、方言特集に名前が登場。

ここで“パク・ジミン”が発している言葉は、(ニュアンスを伝えるために)関西弁に置き換えて翻訳されている。

つい最近、彼はアメリカテキサス州にある学校で行われた、スペイン語の授業に“教材”として登場したことがSNSで拡散され、ここ日本でも話題となった。

またインドではBTSとジミンのために韓国語を学んでいる学生が急増したことを報じ、彼の影響力を見せつけている。







BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2770)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs