K-POPアイドルグループBTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)のV(ブイ)のソウル観光プロモーション映像が、爆発的な影響力を見せて相乗効果を生み出している。

グローバルアイドルBTS(防弾少年団)のV(ブイ / 本名 キム・テヒョン)のソウル観光プロモーション映像が、多くの海外ファンの注目を引き寄せて130万ビューという爆発的な照会数を記録している。

バンタン bts テテ

BTS(防弾少年団)Vのソウル観光プロモーション映像(画像出典:VisitSeoul TV Youtube capture)

これまで、自身が着用したブローチやブレスレットを品切れにさせ、空港で持っていた本をベストセラーに導くなど、意図しなくてもいつのまにか自らが広報になるほど凄まじいブランド力を持っているV(愛称 テテ)。

「K-POPの文化アイコン」として、彼の影響力がより一層大きくなっている中で、19日現在、Vのプロモーション映像は2019年に公開された全ての「ビジットソウル(VisitSeoul)」動画のうち1位を記録し、ソウル広報大使の役割を着実に果たしている。

メンバー別に製作されたプロモーション動画の中で、Vが主人公を演じる該当映像は、ソウル旅行およびソウル関連のコンテンツのうち「日常脱出(Getaway)」をテーマにして製作された。

映像の中でVは、甘いマスクと共に自然な表情の演技、そして彼特有の中低音のハスキーボイスで、見ている側の視線を終始集中させる。

映像の序盤では、バーチャルリアリティ(VR)ゲームを終わらせたVが「毎日毎日同じだと退屈でしょう」というセリフで好奇心を刺激。

続くソウルでのVRテーマパーク、アーチェリーカフェなど多様な体験が出来る施設を紹介したのち、「早くおいで!会いたいよ!」と囁き、指ハートを画面いっぱいに飛ばすVの姿は、まるでボーイフレンドのような雰囲気を彷彿とさせる。

bts 防弾少年団 テヒョン

まるでボーイフレンドのようなV(テテ)(画像出典:VisitSeoul TV Youtube capture)

このプロモーション映像が公開された直後、Vが着ていたチェック柄のローブは、高価な製品にも関わらずすぐに品切れとなり大きな話題となった。

この便りを耳にした各国の媒体は「ソウルプロモーション動画で自身が着用していた衣装まで完売させたVは、広報の効果をより一層高めた」と報道。

また各媒体は「Vに関連した商品を購入したいというARMY(= アーミー / ファン)の情熱にも感心した」とBTSのファンにも称賛を惜しまなかった。


VisitSeoul TV「BTS(防弾少年団)V・ソウル観光プロモーション映像」(動画出典:VisitSeoul TV)