• 楽曲やコンテンツを通し、多くの人々に勇気を与えるBTS。
  • メンバーのVは過去に数々の名言を生み出し、ファンにときめきや感動を与えてきた。
  • 今回はそんなVがコンサートやライブ配信で生み出した6個の名言をご紹介する。

楽曲やコンテンツを通し、多くの人々に勇気を与えているBTS(防弾少年団)。

BTSは世界中の人々から支持されており、ファンの中には彼らに心を救われたと語る人も少なくありません。

BTSは楽曲やコンテンツを通し、人々に勇気と感動を与える

楽曲やコンテンツを通し、人々に勇気と感動を与えるBTS(画像出典:BTS 公式Twitter)

[expander_maker id=”1″]

メンバーそれぞれがファンと向き合い、感動や癒しを届けるBTSですが、特にV(ブイ)は自身の言葉を大切にしているメンバーとしても知られています。

過去には『言葉の力』という本が、愛読書として話題になったV。

BTSのVは活動を通して数々の名言を生み出してきた

これまでの活動で数々の名言を生み出してきたBTSのV(画像出典:BTS 公式Facebook)

そんな彼はこれまでの活動で数々の名言を生み出し、ファンにときめきや感動を与えてきました。

今回はVがコンサートやライブ配信で生み出した名言をご紹介します。

Vが生み出した6個の名言

コンサートやファンとの交流を通して、様々な名言を生み出したV。

その中でも、多くの人に感動を与えた6つの言葉を確認していきましょう。

英語圏にも浸透しているVの「ボラへ」。(画像出典:BTS FaceBook)

Vが生み出した「ボラへ」は英語圏にも浸透。(画像出典:BTS 公式Facebook)

①「ボラへ(ムラサキするよ)」

2016年11月に開催された第3期ファンミーティング『BTS 3RD MUSTER ARMY.ZIP+』にて、誕生した名言の”ボラへ(보라해)”。

現在ではBTSとファンを繋ぐ大切なキーワードとして浸透しており、英語圏では”I purple you”というフレーズが使用されています。

Vはファンミーティングの際、ペンライトで紫色に染まった会場から感銘を受け、この言葉を生み出しました。

2021年に放送されたKBSのスペシャルトークショー番組『Let’s BTS』では、「虹を”青春”や”人生”に例えたら最後の色が紫です」「なので、最後までお互いを大切にし、信じて愛し合おうという意味で言いました」とビハインドを明かしています。

Vは感動のメッセージでファンに向けて愛を伝えた。(画像出典:V 公式Instagram)

心からの応援を送ってくれたファンに向け、感動のメッセージで愛を伝えたV。(画像出典:V 公式Instagram)

②「昨日よりもっと、明日よりは少なめに、あなたたちを愛しています」

こちらは2018年にフランス・パリで行われたワールドツアー『BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF’』にて、Vがファンに届けた一言です。

”Je t’aime plus qu’hier mais moins que demain. Merci (昨日よりもっと、明日よりは少なめに、あなたたちを愛しています。ありがとうございます)”

当時、風邪を引き、体調が万全ではなかったV。そんな中、心からの応援を送ってくれたファンに向け、この言葉を通し、愛を伝えました。

ファンに最高の公演を届けられなかったと、涙する姿も注目を集めました。

Vは、自分自身に贈りたい言葉をFESTAのプロフィールで公開した。(画像出典:V 公式Instagram)

FESTAのプロフィールにて、自分自身に贈りたい言葉を公開。(画像出典:V 公式Instagram)

③「誰よりも傷ついて幸せに生きろ。どんな人生でも。景色のいい階段だけ登れ」

2019年に開催されたFESTAのプロフィールにて、”自分自身に贈りたい言葉”の欄にVが書き込んだ言葉です。

”그 누구보다 상처받고 행복하게 살아라. 어떤 인생이든. 풍경 좋은 계단만 걸어라.(誰よりも傷ついて幸せに生きろ。どんな人生でも。景色のいい階段だけ登れ)”

輝かしい花道だけを歩くのではなく、困難にも向き合いながら、上を目指して成長していこうという、Vの強い想いが込められています。

Vは番組内で慶尚南道(キョンサンナムド)の方言を何度も使った詩を公開しメンバーの笑いを誘った。(画像出典:V公式Instagram)

番組内で公開した詩で、慶尚南道(キョンサンナムド)の方言を何度も使いメンバーの笑いを誘ったV。(画像出典:V公式Instagram)

④「クムシラコ(それがなんだ)」

2019年、グローバルファンコミュニティープラットフォーム『Weverse(ウィバース)』にて、Vがファンへの返信に使い、話題となった”그무시라꼬(クムシラコ)”。

”그무시라꼬(クムシラコ)”は、”それがどうしたの?、たいしたことないよ”を意味する言葉で、韓国南部に位置する慶尚南道(キョンサンナムド)の方言です。

2018年に公開されたBTSのリアルバラエティー『Run BTS!』の56話では、Vが詩の中に”그무시라꼬(クムシラコ)”を何度も取り入れ、メンバーの笑いを誘いました。

Vの座右の銘であり、前向きになれる一言として知られています。

ファンに向けてロマンチックなメッセージを送ったV。(画像出典:V公式Instagram)

Vがファンに向けて送ったロマンチックなメッセージとは・・(画像出典:V公式Instagram)

⑤「君の夢の中に紫の風船を置いてきたよ。見つけてみて」

2020年、Weverseに「眠れません」と書き込んだファンに向けて、Vが返信したのが”I left a purple balloon in your dream look it up.(君の夢の中に紫の風船を置いてきたよ。見つけてみて)”という言葉でした。

あまりにロマンチックな一言に、返信を受け取ったファンは「余計に眠れなくなりました!」と喜びを伝えています。

大きな話題となった、日本のファンの心をつかんだ知的で愛のこもったメッセージ。(画像出典:V公式Instagram)

知的で愛のこもったメッセージで日本ファンの心を掴み、大きな話題に。(画像出典:V公式Instagram)

⑥「いつか僕たちきっと一緒に月を見ましょう。月が綺麗ですね。でもARMYは月より綺麗ですね」

2019年1月に開催された『BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF’』の名古屋公演にて、Vがファンに届けた名言です。

文豪の夏目漱石が”I love you”を、”月が綺麗ですね”と訳したというエピソードから、日本では愛を伝えるロマンティックな表現としても知られてます。

知的で愛のこもったメッセージは日本ファンの心を掴み、大きな話題となりました。

BTS V、あなたが1番救われた名言は?

今回はBTSのVが生み出した数々の名言を紹介してきました。

あなたの心に響いたVの名言はありましたか?

以上を踏まえ、Danmeeでは皆さんの意見を調査すべく、アンケートを作成しました。

以下のURLからアンケートに参加できますので、ぜひあなたの心が救われたと感じる名言を教えてください!

【K-POPアンケート】BTS V 数々の名言・・あなたが一番救われた言葉は?

皆さまのご協力、心よりお待ちしております!



ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs