去る9月28日、韓国アイドルのトレーナー出身で、現在ユーチューバーとして活躍しているイン・ジウン氏が、「BTSがビルボード1位になっても”特筆大書”されない理由」という動画を掲載し、耳目を集めた。

世界で最も権威のある大衆歌謡(ポピュラーソング)チャートと言えば、アメリカのビルボードチャートである。

アメリカ国内のチャートではあるが、世界の音楽市場を牛耳るビッグスターがアメリカ人(もしくは、アメリカ市場を目指して活動するアーティスト)のため、自ずと世界一のチャートになったのだ。

チャート創設の1936年から現在まで、ランキング上位を占める”常連”は、やはりアメリカ国籍のアーティスト。非アメリカンアーティストも名を連ねているが、主に欧州や南米アーティストであり、アジア人にとっては長年”雲の上”にある世界だった(もちろん日本人だって、1963年に坂本九が『SUKIYAKI』でシングルチャート1位を獲得している。しかし残念ながら、それきりだ)。

昨年、BTS(防弾少年団)が『Dynamite』で1位になり、今年は『Butter』や『Permission to Dance』で連続1位を記録。約85年もの間、固く閉じられていたビルボードの鉄の扉が開く瞬間を、我々は目撃した。

『Butter』BTS

今年『Butter』で米ビルボードシングルチャート(Hot100)で1位となったBTS(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

(関連記事) BTS『Butter』米ビルボード ‘トップ10’ から消えた理由に「なるほど!」

BTSは自ら達成した偉業により、多くのK-POPアーティスト、いや、アジアンアーティストに「ビルボードへ挑戦する」という、新たな目標を与えたと言っても過言ではない。。

しかし、ここ日本をはじめ、世界各国が騒いでいる彼らの偉業を、冷めた目で淡泊に伝える国がある。

その国とは他ならぬ、メンバーの故郷であり、活動の本拠地である韓国。正確に言うと、韓国メディアである。

去る9月28日、アイドルトレーナー出身で、現在Youtube(ユーチューブ)でK-POP産業のビハインドエピソードなどを配信するイン・ジウン氏が、エンターテインメント制作者らを交えて収録した動画が話題となった。

イン氏は、自身のYoutubeチャンネルに「BTSがビルボード1位になっても*特筆大書されない理由」という動画をアップロード。

*特筆大書:目立つように大きく書くことを指す。韓国では特集を組み”大きく報じる”という意味で使われる

まず「何故? あのビルボードで1位なのに?」と切り出すイン氏。すると、エンターテインメント制作者のハムクルーが「元々(デビューしてしばらくは)”言論プレー”をしなければならないが、BTSは自ら作り上げたプラットホームで上手くいくという判断のもと、(メディアに)お金を使わなくてもいいと思っていたみたい」と述べた。

ここで、”言論プレー”という言葉を抑えておこう。

韓国ではメディアをよく”言論”と表現しており、置き換えると”メディア・プレー”になる。その意味は、「メディアもしくは記者に一定の金品や接待を提供し、アーティストの好感度が上がるよう便宜を図る行為(報道)」である。

“メディア・プレー”は、韓国芸能界に限られた話ではない。

選挙シーズンになれば政治家や政党関係者が、いわゆる”御用達メディア”を動員し、メディア・プレーに走る。もちろん、莫大なお金がかかる。

前出のハムクルーは続けて「昨年、BTSがメディアに使ったお金は400万ウォンしかない。ほぼやってないと同然」と付け加えた。

ハムクルーの発言にイン氏が「(BTSは)何をしなくてもマーケティングができるからね‥メディアと癒着のないグループだし」と述べると、収録に参加した全員が頷く。

この動画の内容を紹介した韓国メディアのインサイト(www.insight.co.kr)は「エンターテインメント企業が、所属アイドルグループの広報に充てる費用は、数億単位である」と、K-POP産業の実状に触れている。

すなわち、韓国メディアは自国アーティストが”ビルボード1位”という快挙を手にしても、「お金をくれないなら報じないスタンス」ということなのか。それとも、”メディアの力”なしで成功を収め、メディアが作った”生態系”を破壊したBTSを恨んでいるのか‥。

以前、Danmeeでも何故BTSは韓国メディアから冷遇を受けているのか?という記事を通して、「メディアが持つ影響力の根幹を揺るがしているBTSを排斥する」という、韓国メディアの”大人げない思惑”を紹介したことがある。

言い換えれば、”強弱の立場関係”という従来のパラダイムが変わりつつあり、そのパイオニアとして、BTSは明確でわかりやすい実績を残しているのだ。




最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs