BTS(防弾少年団)の『Butter』リミックス楽曲の発売を巡り、米ラッパーメーガン・ザ・スタリオンが契約しているレコード会社を提訴。見事勝利を収め、今日(8月27日)に公式発売される。グラミー賞新人賞を手にした彼女が『Butter』発売にこだわった理由とは。

BTS(防弾少年団)の『Butter』が、グラミー賞受賞アーティストをも魅了した。

BTS『Butter』リミックスバージョンを無事発売することになったメーガン・ザ・スタリオン

BTS『Butter』リミックスバージョンを無事発売することになった米ラッパーのメーガン・ザ・スタリオン。(画像出典:メーガン・ザ・スタリオン 公式Instagram)

韓国メディアの聯合ニュースは8月25日、米ラッパーのメーガン・ザ・スタリオン(Megan Thee Stallion)が、『Butter』リミックスバージョンの楽曲発売を巡り、契約レコード会社を提訴したと報道。この争いに勝利し、発売する運びとなったと伝えている。

メーガンも、自身のインスタグラムで発表できる喜びを「LOVE YOU ALLL」と絵文字で綴った。

メーガンはインスタグラムで『Butter』発表の喜びを綴った

メーガンはインスタグラムで『Butter』発表の喜びを綴っている。(画像出典:メーガン・ザ・スタリオン 公式Instagram)

同メディアによれば、彼女は今回の楽曲協業についての提案が持ち上がった際、世界中にファンを持つBTSと共同作業することは、自身にとっても海外市場で大きく飛躍できると考えたという。何よりも、『Butter』という楽曲に魅了されたため、この提案を快諾した。しかし、所属レーベルの1501 Certified Entertainmentは「このコラボが君の経歴に役立つことはない」と、発売を反対。

「もし、このコラボレーションが実現しなかったら、自身のアーティストとしての経歴は回復できないほど被害を受けるだろう」と考えたメーガンは、米テキサス州の裁判所に緊急救済措置を要請する。そして裁判所はこの主張を受け入れ、無事に発売許可を手にすることができたのだ。

Butterのリミックスバージョンは27日午後1時より公開される

BTS『Butter』のリミックスバージョンは27日午後1時より公開される。(画像出典:BTS 公式Instagram)

今年5月21日に公開された、BTSの『Butter』は米ビルボード”Hot 100″で、通算9回の1位を獲得。今年”Hot 100″で、最も1位を獲得した楽曲となっただけでなく、現在もなお上位圏のランクインをキープしている。

(関連記事)BTS『Butter』13週連続ビルボード’Hot 100’でランクイン!トップ10圏内は3カ月連続!

アジア人歌手として、前代未聞の快挙を成し遂げた彼らと、2021年グラミー賞で3冠を手にした実力派ラッパーのメーガンがタッグを組めば、再びビルボードのトップに返り咲く可能性も大いにありそうだ。

メーガンとレーベルは、契約に関してたびたび対立しており、今回の件に関しても、彼女は強い不信感を見せている。

BTSという強大なアーティストが英語圏に進出してからというもの、人種差別発言ややっかみとも取れるコメントを目にする機会が顕著に増えた。この出来事も、もし同じような理由なのだとしたら、非常に残念だ。

どんな形であれ、そんな素晴らしい才能のケミストリーを見たくない人はいない。だからこそ、今回のコラボレーションを阻もうとしたレーベルの意図には、つい首をかしげたくなる。

BTS’Butter (feat. Megan Thee Stallion)'(動画出典:YouTube HYBE LABELAS)




BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1692)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース