7人組ボーイズグループBTS(防弾少年団)が、世界的に注目を浴びるようになったことで、欧米ではテレビやラジオ番組でアジア人を卑下するような人種差別発言が顕著に目立つようになっている。今回は、ドミニカ共和国のラジオ番組出演者が、「BTSは中国版バックストリート・ボーイズ」と呼ぶなどし、ファンが謝罪を要求している。

K-POPを、世界が認める音楽ジャンルに成長させる立役者となった、7人組ボーイズグループBTS(防弾少年団)。

BTSは7人組ボーイズグループ

7人組ボーイズグループBTS(画像出典:BTS公式FaceBook)

“BTS”というグループ名がアジアを超え、欧米、中南米と世界に広がりを見せたことで、ARMY(アーミー:BTSファンの名称)が一気に増加、しかし同時に、彼らの人気を見下したり皮肉を言う者も急増している。

そして最近、海外のテレビやラジオ番組で、彼らに言及しながらアジア人を卑下するような人種差別発言が、たびたび問題となっている。

アメリカのYahoo!ニュースをはじめとする海外メディアによると、今月17日、ドミニカ共和国のラジオ番組『Esto no es radio』で、複数の出演者がBTSについて言及。彼らを指して「若い女性の宗教だ」と発言したという。

またある人物は「BTSは中国版*バックストリート・ボーイズだ」と言い、韓国ではなく中国を強調。女性MCはルックスについて「アメリカ人に見えるように整形手術をした」と、顔を指で触りながら主張するなど、BTSの人気に対して国籍、外見などで無差別に嘲笑した。

*バックストリート・ボーイズ(Backstreet Boys):1993年に結成され、90年代に世界中で絶大な人気を集めたアメリカの5人組ボーイズグループ。

このラジオ放送の内容が広く知られると、多くのARMYは数々の差別発言に「21世紀に聞く言葉とは思えない」と憤慨。SNSを通じて、”#StopAsianHate(アジア人への憎しみを止める)”や”#XenophobiaIsNotHumor(外国人嫌悪はユーモアではない)”などを使用しながら、ラジオ局に対して人種差別発言を含め謝罪を要求した。

SNS上で、自国の番組が物議を醸していることを知ったドミニカ共和国の外交部次官、ホセ・フリオ・ゴメス氏は、公式ツイッターで「私たちは国際的な不名誉運動の犠牲者になることはできない。ドミニカ人はこのような人たちではない」とコメント。

またラジオ番組の制作陣も「人種差別的な発言をするつもりはなかった」と謝罪した。

BTSはこれまで数々の人種差別被害に遭ってきた

これまで数々の人種差別被害に遭ってきたBTS(画像出典:BIGHITミュージック)

BTSは、以前より人種差別を何度か経験している。

2017年、『ビルボード・ミュージック・ アワード(BBMAs)』で、”トップ・ソーシャル・ アーティスト賞”を受賞した際「このアジア人たちがいったい誰なのかまったく知らない。知りたくもない」などと、SNS上で人種差別発言が相次いだ。

また昨年2月には、ドイツのラジオ放送でMCがBTSを”彼らは新型コロナウイルスみたいなものだ”と卑下。メキシコのテレビ番組『Farandula 40』では、2人の司会者が容姿批判に加えてセクハラ発言をし、オーストラリアの公営放送Channel9のニュース番組『20toOne』の男性司会者は「私は彼らの名を聞いたことがない。本当にイマイチだ」と揶揄するなどしている。

(関連記事)BTS 人種差別は現実になるか? グラミーが恐れるアメリカ人の声

彼らはこのようなアジア諸国に対する差別に対して、今年3月に批判声明を発表。

「私たちは人種差別に反対します。私たちは暴力を非難します。あなたと私、そして私たち皆は尊重される権利を持っています」と強調した。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1742)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース