ソウルで開催された、BTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)のファイナルコンサートで、ジョングクのズボンが裂けると言うハプニングが発生した。しかしジョングクは慌てた素振りは見せずに、突然おしとやかな行動をとり、センスのある対応にファンたちから「愛らしい!」との声が寄せられた。

BTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)のジョングクが、コンサート中の危機的状況(?)でもセンスのある対応でファンたちを感動させている。

コンサートでハプニングに見舞われたジョングク

コンサートでハプニングに見舞われたジョングク(画像出典:BTS Twitter)

10月26日、ソウル・蚕室(チャムシル)オリンピック主競技場で開催されたBTSのコンサート「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF ‘THE FINAL’」で、ツアーの初日からジョングクがハプニングに見舞われて、ファンの間で“愛らしい”と話題だ。

この日、コンサート中に激しく情熱的なステージを終えたジョングクは、ズボンが裂けるというハプニングを体験。

その瞬間、裂けたズボンを慌てて確認したジョングクは、コンサート中ずっと気になって、おしとやかな姿勢で不自然な歩き方を見せていた。

しかし、ジョングクは、コンサートの最後に直接ハプニングについて言及。

彼は「これはTMI(余計な情報)ですが、「MIC Drop(マイクドロップ)」のステージが終わって、リフトで待機していた時、若干ズボンが涼しかったんです」とコメント。

これに、メンバーのジンが“それ以上話すのはやめて..もういいよ..”と言わんばかりの表情で、手を振るジェスチャーを見せた。

すると、ジョングクは「いや~それだけ熱心に頑張ったんだよ。どうして?家族じゃない~(笑)それでさっきから僕、脚を合わせているんです(笑)」と話しを続けて、ファンたちに笑いを抱かせた。

おしとやかに正座をするジョングク

おしとやかに正座をするジョングク(画像出典:BTS V LIVE+)

ジョングクのハプニングを知ったネットユーザーたちは

「ズボンが破れるほど頑張ったんだね」
「おしとやかな姿がすごくカワイイ!」
「愛らしい黄金マンネ(末っ子)!」
「家族だから、大丈夫(笑)」

などの反応を見せて、ジョングクの可愛らしい行動に熱い関心を寄せていた。

ジョングクは、コンサートで激しいダンスパフォーマンスを魅せながら、完璧な歌声でライブをリリースし“ボーカルキング”としての威力を証明し、ソロステージ「Euphoria」では、ワイヤーを使いながら主競技場の上を飛び回り、歓声を上げる観客から熱い視線を惹きつけた。

また、ボーカルラインによる「The truth untold(전하지 못한 진심)」では、歌詞にマッチした感性を沢山込めてライブの真髄を披露し、ファンたちを熱狂と感動の渦に巻き込んだ。

一方、BTSは10月26日、27日、29日の3日間、ソウル・蚕室(チャムシル)オリンピック主競技場で、ツアーのファイナルコンサート「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF ‘THE FINAL’」を開催し、有終の美を飾った。